南と東

 さてのどの痛みは相変わらず、これはちょっとお医者さんにが厄介になった方がいいかもと思う中、今日も真面目にこのお話を書いている私。今日は火曜日、映画のお話。4枠目の今週は「ドラマ」、最近話題の東芝からこんなドラマのお話です。
(これ、早い事治しや、ミーシャ。)

 現在も続く日曜日の21時枠のドラマ、元々は1956年(昭和31年)に始まった「東芝日曜劇場」というものがその始まりです。当初は1話完結のものでしたが、1993年(平成5年)からは連続ドラマ枠になりました。2002年(平成14年)10月に東芝はスポンサーを降板しますが、今でも続いているものです。そこから今回は「南極大陸」(2011年(平成23年) TBS系列)というドラマのお話です。

 TBSの開局60周年を記念して製作されたこのドラマは、北村泰一の『南極越冬隊タロジロの真実』を原案に制作されました。当初は仮題として「神の領域に挑んだ男と犬の物語」の副題がありました。ただ、この作品は実話を基にしてはいるものの、あくまで創作(フィクション)であり、登場人物の名前・設定をはじめ、数々のエピソードは実際の史実とは異なる部分が多々出てきます。

 あらすじはこんなところで…。
昭和30年代、敗戦からの復興を進める日本は、戦勝国を中心とした国際地球観測年による南極観測への参加を表明する。しかし、他の参加国からは敗戦国であることを理由に罵倒される。そして、日本に割り当てられた観測場所は「inaccessible(接岸不可能)」とされていたプリンス・ハラルド海岸であり、日本は全く期待されていなかった。その中で、倉持岳志(木村拓哉)たちは日本が世界と肩を並べる時が来たとして、南極観測のために尽力する。そして戦争が終わって夢と希望を乗せた船「宗谷」は南極へ向かっていた。目の前には巨大な南極大陸、過酷なブリザード、仲間との大喧嘩、そして愛する犬たちとの別れが待っていることも知らずに・・・。1年間南極で過ごした越冬隊員達は帰路に就くことになる。しかし衝撃の事実が彼らを待っていた。犬たちを連れて帰れないのだ。犬の管理責任者の倉持は必死に交渉を重ねるが、結局犬たちは南極に置き去りになった。その1年後、倉持は第3次越冬隊員に選ばれる。そして南極の大地に足を付けた。そこで目にしたものとは・・・。

 とどこかで見たようなあらすじ、そう、映画「南極物語」のタロとジロのお話にそっくりです。ただ何も考えずにゲラゲラ笑う感じではありません。もっと深くてしっかり感動したい、という方向けですね。一度見た方は分かると思いますが1話が結構長いです。(初回は2時間5分、2,3,8,9回は70分、最終回は90分枠です。現在のTBSがやたらと拡大枠を使うのはここから来ているような気も)

 ということで今日のお話はここまで。早い事、この鼻詰まりが治らないかなと思う中、私を巡るお話もちょっと気になる次第です。
(これ、あんまし悩んだらいかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム