35年前

 さて愛するタイガース、昨日は「死神を生き神にしてしまった」ことにグフフのフ、しかし上との差がなかなか詰まらない「つまらない」私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。3枠目の今週は「サーキット」、今日はこんなお話です。
(これ、アンタが「つまらない」のはいつもの事やろ、ミーシャ。)

ca2e9d0b50b996ce4f7d2dc1daf85202_convert_20170419062915.jpg

Zolder_convert_20170419062903.png

 今月はこちら。ベルギーのサーキットで一番有名なところは「スパ・フランコルシャン」ですが、もう1つの有名どころ、ベルギー東部、オランダとの国境にほど近い、ヒューステン・ゾルダーというところにある「ゾルダー・サーキット」(Circuit Zolder)というコースがあります。1963年に開場、これまでに3度、改修されている(1974年、1986年、2002年)、全長4011mのコースです。

 1973年、1975年~1982年、1984年にF1ベルギーGPが開催され、F1のシーズンオフ時期に合同テストコースとしても使われていました。1983年からはツーリングカーのゾルダー24時間耐久レースが行われています。また自転車競技にも重きを置いており、2002年にサイクルロードレースの世界選手権大会(UCIロード世界選手権)がサーキットコース全てと周辺公道を接続した1周13.1kmコースで行われ、2010年からはシクロクロスの世界シリーズ戦(UCIシクロクロスワールドカップ)の一大会がコースの一部を利用して開催されています。

 そしてここを語るには外せない「ビルニューブの死」、今から35年前の1982年5月8日、9度目のF1ベルギーGPの予選2日目、ビルニューブはピローニが自身の予選タイムを0.15秒上回ったと聞くやいなや、再び予選アタックへと飛び出していきました。予選終了10分前ほどでした。ピローニのタイムを更新することができないままタイムアタックを続ける中、高速S字コーナーの後の長い左カーブでスロー走行中のヨッヘン・マスのRAMマーチに遭遇。マスはヴィルヌーヴの接近に気付き、レコードラインを譲ろうとしました。しかしビルニューブはレコードラインの外から抜いて行こうとし、結果として同じ方向(アウトコース)に動いてしまいました。(この時、ビルニューブの車は推定時速230km/hに達していたといわれています。)この後、ビルニューブの車の左フロントタイヤがマス車の右リアタイヤに乗り上げ、回転しながら宙に舞い上がりました。マシンは前部から路面に激突して150m垂直状態のまま横転して大破し、ビルニューブの身体はシートごとマシンから投げ出され、コース脇のフェンスに叩きつけられ、その夜、32歳の若さで死亡しました。この事故を受けて、コースは1986年に改修され、その事故のあった場所(コース図の(6)と(7)の間です。)にはシケイン上のコーナーが設置され、その名も「ジル・ビルニューブ・シケイン」となっています。現在ではDTMなどのツーリングカーなどで使用されています。

 ということで今日のお話はここまで。今日も元気にお仕事です。少々難儀な部分はありますが、今日も1日、頑張りましょ。
(ほれ、あんまし無理せんようにね、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム