エボはエボでも

 さて愛するタイガース、昨日はのっけから大荒れ、プロ野球史上最多の四球記録というおまけまでついて、5点差をひっくり返された負け方に今シーズン、初めてスチール缶を握りつぶした私。その怒りの炎を収めるべく、早起きして「皇室アルバム」を見て、このお話を書いています。今日は日曜日、ミニカーのお話。1枠目の今週は「市販車」、そろそろ次のネタを探すところですが、こんなお話です。
(これ、怒りを鎮めるのが「皇室アルバム」ってなんでアンタはそんな「お年寄り」やの、ミーシャ?)

P1020352_convert_20170402073516.jpg

P1020353_convert_20170402073529.jpg

 今月はこちら。フェラーリのサーキット走行専用車開発プログラム「XXプログラム」から生まれた車に「599XX」というものがありますが、その改良型「599XX Evo」(2011年)です。2011年のファン感謝祭「フィナーリ・モンディアーリ」で内覧会が行われ、直後のボローニャ・モーターショーで公開されました。その翌年、日本の鈴鹿サーキットで初めて実走しています。フェラーリのロードカーやF1マシンで培われた最先端テクノロジーを惜しみなく取り入れて設計されています。この「エボリューション・パッケージ」は2012-2013年シーズンにサーキットをベースとした研究開発プログラムに参加するお客様を対象に開発されました。

 基本的には「599XX」と変わりませんが、599XXでは後部ピラーに小型ウイングが取り付けられただけで、先代フェラーリFXXに比べておとなしい外観でした。ところが、Evoになるとフロントスポイラーやカナード、リアには複雑形状の電動可変ウイング(決して、「一部区間のみ使用可」とかいうわけではありません。)などのハイテクがつきまして、ウイングが立ってスパルタンなレーシングカーと化していました。

 またこの車は2012年のイタリア北部地震(5月末)を受けてフェラーリが企画したチャリティ・オークションの目玉になりました。売値130万ユーロ(当時のレートで日本円に直して約2億円弱、1ユーロは150円とお考えになると目安となるでしょう。)、そしてそれを落札したのはグーグルの某エンジニア、色は黄色をオーダーしています。落札価額は約100万ユーロ(同じく1億5000万円弱、ただ「値引き」として考えたら、絶対ディーラーで出てくるわけがないような金額です。「月刊自家用車」の松本隆一の名物コーナー「X氏の値引き大作戦」に出したら絶対採用されると思うんですが…。)、他にもこのオークションでは当時のF1ドライバーの2人、フェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサのレーシング・スーツ、F1マシンのパーツなどマニア垂涎の物ばかりでした。

 ミニカーはサンクスのフェラーリ(12)(2016年)から、そしてお約束の諸元はこんなものです。

車名          599XX Evo

デビュー        2011年
製造          2011年~2013年
全長          4787mm
全高          1283mm
全幅          1972mm
ホイール・ベース    2751mm
トレッド(前)     1689mm
    (後)     1618mm
車重          1395kg

エンジン        フェラーリ ティーポF140C
形式          水冷レシプロ V型12気筒 DOHC4バルブ
総排気量        5999cc
ボア×ストローク    Φ92×75.2(mm)
Vバンク角       65度
最大出力        750馬力/9,000rpm
最大トルク       71.4kg-m/6,500rpm
圧縮比         11.2
燃料噴射システム    ボッシュ社製 モトロニック M7.32 電子制御
点火システム      マニュエッティ・マレッリ社製 電子制御

駆動方式        後輪駆動方式(FR)
変速機         前進6速 セミ・オートマチック縦置き(+後退1速)(タイプ F1)
差動システム      リミテッド・スリップ・デファレンシャル

シャシー        鋼管スペース・フレーム
サスペンション(前)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式 
       (後)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式
ブレーキ   (前)  ベンチレーテッド・ディスク(カーボン・ファイバー製)
       (後)  ベンチレーテッド・ディスク(カーボン・ファイバー製)
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン
タイヤ+ホイール(前) 11J×19+29/67ZR19 ドラッグ・スリック
        (後) 12J×19+31/71ZR19 ドラッグ・スリック
燃料タンク容量     90リットル

ボディ・スタイル    2ドア・ベルリネッタ
乗車定員        2名

 ということで今日のお話はここまで。明日からまたお仕事です。ちょっと復帰には時間がかかるような気もしますが、何とか戻る算段をしているところです。
(ほれ、あんまし無理したらいかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム