チャレンジャーからの復活

 さて私を巡るお話が急転直下、今後、ひょっとしたら別の方向をという線も浮上する中で、かなり悩みの深い私。今日は木曜日、そんな折れそうな心を支えるべく、テニスのお話。4枠目の今週は「名勝負百選」、今月はこんなお話です。
(これ、どんなことがあっても自分を見失ったらいかんよ、ミーシャ。)

 1999年6月6日、フレンチ・オープンの男子シングルス決勝、結果はこうでした。

 アンドレ・アガシ   1-6   アンドレイ・メドヴェデフ
              2-6
              6-4
              6-3
              6-4

 第13シード、アガシはここまでの6試合で4セット、2回戦ではフルセットの試合をやっています。しかし4回戦で第4シードのモヤを破って以降はシード選手と当たらずという部分もあって、1991年以来の決勝まで勝ち上がってきました。一方ノーシード、当時世界ランキング100位のメドヴェデフも2回戦で第2シードのサンプラスを破って以降は4回戦以降の3試合はクレー巧者と呼ばれる連中を倒して、史上最も低いランキングで決勝まで上がってきました。

 そして試合はそのメドヴェデフのサーブが好調で、第1,2セットをあっさりと取ります。この時点で観客のほとんどはメドベデフのストレート勝ち(さらに、仮に勝った場合は史上最も低いランキングからの優勝というおまけまでつくはずでした。)を予想していました。しかし第3セットに入ると、徐々にアガシ本来のプレーが戻ってきました。また1度、チャレンジャー・ツアーを回っていたというどん底を味わった彼はひたすらボールを追い、拾うテニスを繰り広げ、いつの間にかアガシは、思い通りのテニスをしていました。そうなれば流れは一気にアガシに傾きました。それでもメドベデフは、最後まで自分のレベルを崩さなかったし、集中力は持続していました。それは最初メドベデフに微笑んでいた神が、第3セットからアガシの方を向いた、そんなことを考えてしまうほどの、感動的なゲームでした。第5セット、5-4で迎えた第10ゲーム。40-15のマッチポイント。メドベデフのフォアのレシーブが、ベースラインを割ったその瞬間、アガシの男子としては30年ぶりのキャリア・グランドスラム達成の瞬間でした。

 ということで今日のお話はここまで。私もここから先は未知数の部分が多々あるため、ちょっと不安の多い次第です。
(これ、あんまし自分を責めたらいかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム