ロングの夜明け

 さて今日から3連休、そして年に1度の「ちょっと短い春休み」、そのためこんな時間から起きている「早起きさんな」私。今日は土曜日、ちょっと詰めて書く都合の映画のお話。4枠目の今週は「ドラマ」、その旅行で使うことの多い「タクシー」から、先ごろ亡くなった渡瀬恒彦にかけまして、こんなドラマのお話です。
(これ、ま~た無理やりな入り方してんやないんよ、ミーシャ。)

 渡瀬恒彦の代表作に「十津川警部」「公証人」「おみやさん」「警視庁9係」(この4月に新シリーズが始まりますが、さてどうなりますか?)などがありますが、その中でも長寿シリーズに2時間サスペンスの元祖、「土曜ワイド劇場」のド定番、「タクシードライバーの推理日誌」(1992年~2016年 ANN系列)があります。この24年の間に39作が制作されました。

 〜今日もタクシーは様々な乗客と彼らが抱える様々な事情を載せて街を走る。〜
基本的には元刑事の経歴を持つタクシードライバーの視点を通して、乗客が関わった事件(ほとんどが殺人事件)を解決していくという物。いわゆる『巻き込まれ型』の推理ドラマです。ドラマ『森村誠一のタクシー』は偶然にもこの作品と似通った部分を持ちますが(運転者の苗字が「夜明」ではなく「蛭間(ひるま)」である点など)、基本的には無関係です。

 またこの主人公のアパート「あけぼの荘」で一人暮らしをしている大同交通のタクシードライバー、夜明日出夫(渡瀬恒彦)通称「夜明さん」。警視庁捜査一課強行犯第7係(ここではまだ9係は出てきません。)の警部補だったのですが、ある事件で関わった女性の関係を週刊誌報道による濡れ衣(私もいつも悩まされています。)をかけられ、警視庁を辞職し妻(太地琴恵…声のみの出演〈第2作〉)とも離婚し、タクシードライバーとしてチェッカー無線(車両協力は同無線に所属する大同交通)に再就職しました。「刑事というのは、何事でも自分の足で現地へ運ぶもの」と、元部下に捜査の足として自らのタクシーを半ば強制的に使わせ、ちゃっかり運賃を東山刑事(風見しんご)からもらっていたりします。日頃の売り上げの低下を長距離客(これをタクシー用語で「ロング」と言います。これで高速道路なんて使ってくれたら最高です。)で取り返す事から元部下の東山と会社内の社員から「ロングの夜明」と呼ばれ、会社内外で半ば伝説のドライバーとなっています。毎回の事だが、長距離の移動を頼む乗客の背景には恵まれず、元刑事という経歴をアリバイに巧みに利用されることが多いのですが、最終的にその夜明の推理によって真相が暴かれることがパターンと化しています。ストーリー前半は自分の客は犯人ではないと神谷警部(平田満)に食って掛かるが、その主張が当たっていた事はありません。(ただし、真犯人ではなくても事件に関わっていたりします。)とはいえ1度だけ、当初から事件の関係者を疑っていました。(逆に神谷さんは否定していました。)(第34作(2013年))

 ということで今日のお話はここまで。今日はちょっとタイトなスケジュールになりますが、昼からは名古屋へ車で移動です。「ハンドルはご安全に」ということで、楽しんできましょという次第です。
(これ、みんなと仲良くね、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム