苦くない

 さて例の小学校認可問題、本来であればこのお話は「国有地の不当廉売問題」のはずですが、そこから出る出るの数々の疑惑、一時杉田かおるが「結婚する際、その相手はマスコミが興信所代わりに色々調べてくれる」といったことがありますが、まさにその「興信所」状態で、やらないといっていた国会の証人喚問(参考人招致とは似て非なるものです。)まで話が進んだことに、さてさてと思う「野次馬な」私。今日は金曜日、グルメのお話。3枠目の今週は「ご当地」、今週末、最終回になるNHKの再放送の大河ドラマ「武田信玄」から、こんなお話です。
(これ、アンタも色々と出てくるはずやから調べてもらうか、ミーシャ?)

1cc1ed252a2e127d5b9d57d5fd55f7c5.jpg

 今月はこちら。山梨県の名物、「アワビの煮貝」です。高級食材である鮑を貝殻を外して、丸のまま、醤油ベースの煮汁で煮浸しにした加工食品である。材料をトコブシに換えた類似品もあるのですが、こちらは単に煮貝と呼ばれます。古くからの高級名産品であり、現代においても県内スーパーマーケット・百貨店などで気軽に売ってはいるものの、値は高く(そりゃそうです、大急じゃなかったアワビですから。)一般家庭の食卓に上がることはほぼありません。結婚式などの晴れの日において出てくることが多いほか、県内外のお世話になった人への贈答品として買われることが多い食品です。

 とはいえ、元々、海のない山梨県になぜ?ということですが、駿河湾を有する駿河国(静岡県)に近く、中世後期・近世期には塩・海産物が駿河・相模国(神奈川県)方面から移入されていました。駿河・相模方面の海産物は塩漬けや醤油漬け、干物など保存加工を施された上で、主に駿州往還(河内路)や中道往還など富士山山麓の気候が冷涼な道筋を伝って移入されました。煮貝は駿河湾で獲れたアワビを加工し、醤油漬けにして木の樽に入れ、馬の背に乗せて甲斐に運んだところ、馬の体温と振動によって醤油がアワビに程良く染み込んで、甲府(甲府市)に着く頃にはちょうど良い味に仕上がったと伝えられています。 (やっぱり、お馬さんっていいもんですね~♡(水野晴郎さん風に))

 また、有名なお話「敵に塩を送る」の元にもなりました。武田信玄が嫡男の義信を粛清し、その妻を駿河、今川家へ帰したことで断交状態になり、今川家が「経済封鎖」で甲州への塩の移入を止めた際に、越後(新潟県)の上杉家にも同調することを求めたのですが、これを断ったというお話ですが、実際には「塩の出入り」というものはさほどありませんでした。上杉家は日本海にに抜ける「千曲川」「釜無川」ルートを封鎖しませんでした。 軍事的に警備はしたようですが、物資や人の往来は封鎖しませんでしたから、これを聞いた後の人々は「上杉が塩を送った」と解釈したのだと思います。

 ということで今日のお話はここまで。ちなみに「参考人招致」ですが、証人喚問との違いは出頭や証言はあくまでも「任意」である(つまり、出たくなければ出なくてもいいわけです。)、ウソ(偽証)ついても罰せられない(証人喚問でウソかますと、「偽証罪」になります。)、テレビ撮影は自由(証人喚問では原則禁止です。(議決により認められます。))などの違いがあります。それでは私も「苦い」1日にならないように、今日もドタバタしそうです。
(これ、アンタはホンマに「野次馬」なんやから、しまいにえらいことになるよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム