太もも短し、膝まで長し

 さて先ほどまで、ちょっとこっそりとお食事、モクモクと皿を積み上げていた「賽の河原の」私。今日は火曜日、順番変わってのテニスのお話。1枠目の今週は「名品」、今日はこんなお話です。
(これ、モクモクって焼肉でも食べてたの、ミーシャ?)


 今月はこちら。まずはこの写真を見てください。

lendl1.jpg

画像は1980年代の「雷帝」、イワン・レンドルです。下のパンツ(決してここで「水玉」も「いちご」もついてません。また何をトチ狂っても、言葉巧みにだまくらかして脱がせてはいけません。)の丈は太ももがほぼ見えています。

UZRDU5Z2.jpg

とはいえ、1990年代以降、サッカーやバスケットボールの影響からか、丈はちょっと長くなりました。現在のものはこちら。画像はエフゲニー・カフェルニコフ、下のパンツはほぼ膝のすぐ上まで来ています。

 これはハーフパンツの人気があがったため、また下着をブリーフからボクサーブリーフやトランクスにかえる男子が増加し、短い丈の半ズボンだと下着がはみ出すという理由から短い半ズボンが避けられるようになったからです。また日本では小学校の制服(比較的西日本に多いといわれています。ちなみにミーシャは今の地に住むようになった際に、母親が一番気にしたのは「服が決まっているか、いないか?」でした。)の半ズボンも、裾が太腿の半ばもしくは膝丈の半ズボンが主流になりました。バスケットボールの影響が大きいといわれています。マイケル・ジョーダンが大きめのショーツ(バギー・ショーツ)を穿いて試合に出るようになったのですが、これはユニフォームの下にノースカロライナ大の練習用ショーツを履く為です。そのため、当時のNBAは短い丈のものが主流だったものが一気にこのパターンになりました。(ちなみにミーシャが毎年9月から12月にテニスで「黒い靴」を履くのはこのジョーダンにあやかったからです。)

 ということで今日のお話はここまで。さて明日からは3月ですが、さて、私を巡る部分はどうなりますかというところで、来月も頑張りましょという次第です。
(ほれ、最後はピシッと締めとかんといかんよ、ミーシャ。)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム