ゲームの話ではありません

 さておとといの晩はフェラーリの新車「SF70H」、2017年モデルのF1マシンの発表を見たものの、な~んか今年もダメそうに見えてしまった私。そのせいか、昨日はちょっとミスが続く中、気を取り直しての今日は日曜日、ミニカーのお話。また1枠目に戻りましての今週は「市販車」、今月はこんな車のお話です。
(これ、あんまし気にしなや、ミーシャ。)

P1020217_convert_20170226081139.jpg

P1020218_convert_20170226081156.jpg

 今月はこちら。458のGT仕様の「458 GT2」(2011年)です。このGT2というのはFIA(国際自動車連盟)が定めるクラスのことで、他にもGT1、GT3、グランダムといったクラスがあります。GT1は2011年に消滅してしまいましたが、GT2、GT3は現在でも残っています。ただし、GT2は「LM-GTE」と名前が変わっています。それぞれの違いは…。

 GT2  プロ、有力チーム向け  車体寸法に関する規定あり、空力パーツ可、TCS以外の電子デバイス不可
 GT3  アマ、一般向け      車体寸法に関する規定なし 空力パーツ不可、TCSなどの電子デバイス可(ただし市販状態でついている場合)

 というところです。

 そしてフェラーリは2011年、ミケロット・オートモビリとの共同開発によって「458 GT2」のレースデビューを果たし、2006年から2010年までの間に多大な成功を納めた「F430」の伝統を受け継ぎました。ミッドに搭載する4.5リッターV8エンジン(F142ユニット)は出力が470PSまでと定められた新しいリストリクター(吸気制限です。吸気口のサイズに制限を加えることで、エンジン出力を下げる効果があります。イメージとしてはマラソン選手がマスクをして練習するのもこの例です。)規制により、578PSを発揮するストリート仕様の458イタリアや458チャレンジよりも低い出力となっています。 しかしボディ各部にカーボン素材を多用することで軽量化し、純粋なレーシングマシンに仕立てられております。 トランスミッションはパドルシフトも可能なヒューランド製6速シーケンシャルが搭載され、フロントのフレックス・スプリッターの廃止によって設けられた大きなインテーク及びアウトレットがレーシングカー然としたエクステリアを形成しております。 458GT2はルマン24時間レースやヨーロッパのルマン・シリーズ(LMS)のほか、アメリカのルマン・シリーズ(ALMS)等で活躍しており、また日本では2011年の SUPER GT に1台の458GT2が出場しています。

 ミニカーはサンクスのフェラーリ(9)(2013年から、そしてその諸元はこんなものです。

車名          458 GT2

デビュー        2011年
製造          2011年~
全長          4518mm
全高          1160mm
全幅          2036mm
ホイール・ベース    2650mm
トレッド(前)     1720mm
    (後)     1688mm
車重          1246kg

エンジン        フェラーリ ティーポF142
形式          水冷レシプロ 直噴V型8気筒 DOHC4バルブ
総排気量        4497cc
ボア×ストローク    Φ94×81.0(mm)
Vバンク角       90度
最大出力        471馬力/6,250rpm
最大トルク       53.3kg-m/5,750rpm
圧縮比         
燃料噴射システム    ボッシュ社製 モトロニックME7.3 電子制御
点火システム      マニュエッティ・マレッリ社製 電子制御

駆動方式        後輪駆動方式(MR)
変速機         フェラーリ/ヒューランド製 前進6速 シーケンシャル・マニュアル縦置き(+後退1速)
差動システム      電子制御 リミテッド・スリップ・デファレンシャル(E-Diff)

シャシー        アルミ/ジュラルミン・スペース・フレーム
サスペンション(前)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式 
       (後)  独立懸架 マルチ・リンク式
ブレーキ   (前)  ベンチレーテッド・ディスク(+ABS)
       (後)  ベンチレーテッド・ディスク(+ABS)
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン
タイヤ+ホイール(前) 8.5J×18+325/650-18(ピレリ)、30/65-18(ミシュラン)、300/660-18(ダンロップ)
        (後) 10.5J×20+325/705-18(ピレリ)、31/71-18(ミシュラン)、310/710-18(ダンロップ)
燃料タンク容量     95リットル

ボディ・スタイル    2ドア・ベルリネッタ
乗車定員        1名

 ということで今日のお話はここまで。この後はそろそろ始まりました「関口宏のサンデーモーニング」を見ましょという次第です。(ただ、「週刊 ご意見番」(喝とあっぱれ)はかなり質が落ちたような気がします。)
(ほれ、ブランコもモンちゃんも言うとったよ、「ミーシャが最近、寂しそうなんだ…。」ってね、あの子らにはアンタしかいてへんから、その辺ちゃんと見たりや、ミーシャ。)

 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム