3時間ごと

 さて今日は大雪、しかし、心の中は大炎上、今週の分は決着をつけてあったために、わけのわからん上の言い分に「この分ではどうもならんので、今週いっぱい、休ませてもらいます。」とはっきり言ってきた私。今日はそんな心を鎮めるべくの木曜日、テニスのお話。2枠目の今週は「選手」、今日はこんなお話です。
(ほれ、そんなにカッカせんと、冷静になって考えようね、ミーシャ。) 

20160130230817497_angelique-kerber_wallpaper-2012-1378604955-380x285.jpg

 今月はこの方。先のオーストラリアで2連覇を逃したが故に、世界ランキング1位からは滑り落ちたのですが、ドイツ人の女子選手としてはシュテフィ・グラフ以来の世界ランク1位になったアンジェリック・ゲルパーじゃなかったケルバー(Angelique Kerber ドイツ)という選手です。1988年1月18日、旧西ドイツ・ブレーメン生まれの左利き、バックハンド両手打ちの方です。 (ちなみに今回のお題「3時間」、そしてゲルパーと聞いてピンとくる方は50代以上の方かと思います。何のことかはご存知ですね。)
 
 3歳からテニスを始め、2003年にプロ転向、しかしチャレンジャー・シリーズなどの下積みが続きました。2011年の全米でのベスト4進出をきっかけとし、2012年のツアー初優勝で一躍トップランキングに躍り出てきました。それ以前の彼女は左利きの中堅選手という地位だったのだが、以降はプレーに自信が生まれたようで、人が変わったように勝ち始め、ついにトップ10入りを果たしました。そして迎えた2016年はオーストラリアとUSオープンで優勝、年間3勝のうち2勝が4大メジャーということもあって、USオープンの優勝時点で世界ランク1位になりました。しかし、2連覇を狙った今年のオーストラリアでは4回戦負けし、優勝したセレナ・ウィリアムズに世界1位の座を奪還されました。

 彼女のプレースタイルに何か特別なものがあるわけでも、圧倒的な体格やパワーがあるわけでもありません。(ましてや3時間ごとに薬を飲み続けているわけでもありません。)体格などの基本条件はむしろ今の女子の中では厳しい部類のはずなのですが、鍛え上げたフィジカルと、元々持っていたタフなメンタルが合わさる形で、今や「もっとも勝ちにくい選手」という地位を、確固たるものとしつつあります。高めのポジションからのショートアングルや、思い切りのいいダウン・ザ・ラインは彼女の大きな得点源ですが、とにかく深くボールを返し続けられる技術と体力、そして最後まで諦めないメンタルが、その強さを形作っています。彼女との試合ではどんな選手もロングマッチを覚悟してコートに入らなければならないという意味でも、独特の存在感を持つ選手と言っていいと思います。事実、試合を見ていると、結構深い位置にボールが入ってきます。これはかなり相手にはや~な展開です。

 ということで今日のお話はここまで。私もちょっと頭を冷やして、ちょっと考えてみましょということで、しばらくリフレッシュにいそしみましょ。
(ほれ、あんまし気にせんようにね、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム