飲む点滴

 さて今日はお休み、そのため役所がらみのことをやって、プールに行って帰ってきた私。今日は幕曜日、テニスのお話。1枠目の今週は「名品」、ネタが尽き始めている中で、補給したいこんな液体のお話です。
(これ、テニスとはちょっと関係が薄いんと違う、ミーシャ。)

ikko_1600404pocari02.jpg

 今月はこちら。最近では飲むことの多くなった「スポーツドリンク」、日本のスポーツドリンクの草分けとなった「ポカリスエット」(大塚製薬)です。1980年(昭和55年)に登場しました。現在までに累計売上本数は400億本以上(340ml缶換算)、リトルリーグの公認スポーツドリンクにもなっています。(ただし、知名度から行くとライバルの「アクエリアス」の方がオリンピック、FIFAワールドカップ(TM)など有名どころを多数押さえています。)

 開発における商品コンセプトは「飲む点滴」で、きっかけは1人の社員がメキシコに出張に行った際に、下痢に悩まされたのですが、その時の医者が「たっぷり水分を取って、その後、しっかり栄養を取るように」と言われたときに『こんな時、ゴクゴク飲みながら栄養も一緒に補給できる飲み物があればいいのに』とその社員は思いました。また、手術を終えた医者が、栄養補給に点滴液を飲むのを見たことがありました。元々大塚製薬というだけに、点滴液の製造はお手の物、先に世に出ていた「ゲータレード」の組成もこれに近いことは知っていましたから、一気にお話は進みました。

 しかし、販売開始初年度、未知の味にセールスが不調で、オロナミンCを置いてもらっている店でも「売れる気がしない」と、なかなか置いて貰えませんでした。テントを立てて1杯100円(当時の缶ジュースと同じ値段です。)で試験販売しても不評でした。そこで、無料配布(今で言うサンプリング)を1年間(スポーツ競技会・イベントなど効果的な場を選んで)続けた結果、それまで横ばいだった売れ行きが、2年目の夏、一気に売れ始めました。またこれは現在も夏場に続けられています。

 ということで今日のお話はここまで。なかなかネタのない中で、何とか書いていますが、「こんなの、やってほしいんですけど…。」とかありましたら、どしどしとコメントくださいませ。
(これ、そんな「他力本願」ではいかんのよ、全くもう、なかったらやめといたらええんと違うの、ミーシャ?)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム