報酬の代償

 さて最近、ちょっと起きるのが遅くなったような気もする中で、このお話を書いている「懲りもしない」私。今日は火曜日、映画のお話。1枠目の今週は「ボンド」、今月はこんな車のお話です。
(これ、私はアンタのお守りで「肩こり」がひどいんやわ、ミーシャ。)

P1020273_convert_20170131070659.jpg

P1020274_convert_20170131070711.jpg

 今月はこちら。アルファロメオの「159」というミッドサイズ・セダンです。第22作「慰めの報酬」(2008年)に登場します。前作「156」の後継として2005年のジュネーブ・モーターショーで登場しました。FFの3ボックス・セダンと5ドアのステーション・ワゴンはGMと共同開発したプラットフォームで、ジウジアーロと社内デザインの融合のデザインをまとっています。エンジンはガソリンとディーゼルの2種類、ガソリン車は直4、1800,1900,2200ccと3200cc、V6の4種類、ディーゼルは直4,1900ccと直5の2200ccがあります。また「Q4」と呼ばれる四輪駆動も用意されています。MT車、及び2200ccのセレスピード(セミAT)装着車には坂道発進をスムーズにする「ヒルホールドシステム」が搭載されています。 (坂道発進の苦手な方は多いものですな。) 

 カラビニエリ(イタリア国家憲兵隊)のパトカーや在外公館(大使館)、官庁の専用車としても多く使用されている他、アルファロメオがトリノ・冬季オリンピックのオフィシャルスポンサーとして参画した際、数十台が組織委員会のオフィシャルカーとして提供されました。2011年にはディーゼル車の身になり、2015年後継の「ジュリア」(タイプ952)が登場したため、生産は終了しました。

 映画の中では第22作「慰めの報酬」の最初の部分に登場します。ボンドがアストンマーチンでイタリア・シエーナの峠道を走っていると、それを追っかけてきた悪役が乗っていたのがこのアルファロメオです。その中でトンネル内でのカーチェイス、さらには対向車線にいたトレーラーと正面衝突でこの車は全損してしまいます。この撮影でスタントマンの1人が重体になるなど、結構エグいことをやっています。

 ミニカーはサンクスのアルファロメオ(3)から、そして諸元はこんなものです。

車名          159

デビュー        2005年
製造          2005年~2015年
全長          4690mm
全高          1415/1425mm(セダン/ワゴン)
全幅          1830mm
ホイール・ベース    2705mm
トレッド(前)     1580mm
    (後)     1560mm
車重          1570/1610kg

エンジン        939A5/939A
形式          水冷レシプロ 直噴直列4気筒 DOHC4バルブ
             水冷レシプロ 直噴V型6気筒 DOHC4バルブ
総排気量        2198cc/3195cc
ボア×ストローク    Φ86×94.6(mm) Φ89×85.6(mm)
Vバンク角       90度
最大出力        185馬力/6,500rpm 260馬力/6,300rpm
最大トルク       23.4kg-m/4,500rpm 32.8kg-m/4500rpm 
圧縮比         11.3
燃料噴射システム    ボッシュ社製 モトロニックME7.3 電子制御
点火システム      マニュエッティ・マレッリ社製 電子制御

駆動方式        前輪駆動方式(FF)/フルタイム4輪駆動
変速機         前進6速 マニュアル/セミ・オートマチック横置き(+後退1速)
差動システム      電子制御 リミテッド・スリップ・デファレンシャル

シャシー        アルミ/ジュラルミン・スペース・フレーム
サスペンション(前)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式 
       (後)  独立懸架 マルチリンク式
ブレーキ   (前)  ベンチレーテッド・ディスク(+ABS)
       (後)  ディスク(+ABS)
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン
タイヤ+ホイール(前) 8.5J×19+235/40ZR19
        (後) 10.5J×19+235/40ZR19
燃料タンク容量     70リットル

ボディ・スタイル    4ドア・セダン/5ドア・ステーション・ワゴン
乗車定員        5名

 ということで今日のお話はここまで。さて今日はどんな1日になりますか?という中、月末の1日をうまくまとめたいなと思う次第です。
(ほれ、無理したらいかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム