吉村先生と世界新記録

 さて昨日は朝からちょっと行くところがあって、それを済ませてスヤスヤ、そして今日はもう何もしたくないような気になっていたものの、ネタを仕込んでいた私。今日は月曜日、プールのお話。1枠目の今週は「(被虐の)調教日記」、今日はこんなお話です。
(これ、「何もしたくない」って、何かあったん、ミーシャ?)

 最近、プールでブームのネタに「ピラミッド」というネタがあります。以前にもお話しましたが、インターバルをはさんで1本の距離を少しずつ増やしながら泳ぎ、最大まで増やしたら、今度は逆にインターバルをはさみながら少しずつ距離を減らしていくという練習方法です。増やす時と減らす時の距離は同じにするのが一般的です。これは持久力をつける効果があります。

 そこで土曜日のネタはこんなものでした。

 25m × 8本(”30) +  50m × 4本(1’00”) + 100m × 2本(2’00”)  + 200m(4’00”)(上り)
 100m × 2本(2’00”) + 50m × 4本(1’00”) + 25m × 8本(”30)(下り)

 これをヒ~コラ、「単枠指定」の中でやっていたんです。とはいえ、油断はできません。そして今日の中身はこんなもの。

 50m × 4本  3+1枠(最初3枠は1’00”、最後の1枠は”55)

 そろそろ油の回ってきたこの馬も、ヒ~コラ言いながらでも「本能」が重い馬体を加速させるわけです。1枠目、2枠目のラスト1本は馬主も感動モノの勝ち時計、でもちょっと足らない。ツイン・ターボとCVTの破壊力を以てしてもというところで、3枠目に入りまして、「最後は”55だし、もしも計算狂ってガス欠起こしたらまずいわね。」とこの馬は脳内インスト・パネルに出てくるガソリンとバッテリーの残量を気にしながら、「さて、どうしよう?」と迷いが出てしまいました。そして3枠目は慌てて、スロットルを踏みなおしたものの、ちょっと無理があったために、ガクンと落ちてしまいました。ここまでくると最後の1枠は「本能」です。馬鹿力にものを言わせて押し切ったものの、ちと不安の残る終わり方でした。

 なお、今日のお題「吉村先生」ですが、ピラミッドと言えばこの方、早稲田大学客員教授の吉村作治先生のことです。「世界、ふしぎ発見!」などのクイズ番組にも多数出てましたが、この方の面白いネタにテレビのバラエティ番組でウソ発見器にかけられて、「『ピラミッドに行く』と言って渋谷のラブホテル「ピラミッド」に行ったことがある」という質問にウソ発見器の針が振り切れたというネタがあります。

 ということで今日のお話はここまで。ちょっと難儀な部分は続きますが、そのあたりは割り切って考えましょという次第です。
(ほれ、あんまし悩んでばっかりではいかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム