来年、復活します。

 さてちょっとはマシになった寒さはさておき、心の中はお寒い限りの「大寒波」の私。今日は金曜日、本来はお休みの日ですが、別枠のお話を書いた関係で、本来のお話を書くことになりますが、巨大建造物のお話。3枠目の今週は「サーキット」、今回はこんなお話です。
(これ、冬の次は春が来るよ、ミーシャ。)

ea586873_convert_20170120060809.png

PaulRicard_ok1_convert_20170120060821.png

 自動車レース発祥の地、フランス、1894年7月22日に開催された、パリ ~ ルーアンレースが起源です。当時の自動車は蒸気自動車とガソリン自動車とが混在する世の中であり、一般的に当時普及していた蒸気自動車に対し、これからの普及を目指していたガソリン自動車が性能の指標にしようという目論みもありました。1950年に始まるF1世界選手権においては1955年以外は毎年開催されており、イギリスGPとイタリアGPに次ぐ歴史を持っています。 
 
 そこで登場するのが今回のコース、テストで使うことも多い「ポール・リカール」(Circuit Paul Ricard)です。フランス南部・マルセイユ近郊のル・キャステレ村にあるサーキット。リキュールで名高いペルノ・リカール社を創立したポール・リカールの名前が冠されています。全長は5842m、2018年から向こう5年間、ここでF1のフランスGPが行われることになりました。1.7kmあるバックストレートの「ミストラル」そしてその先の右コーナー「シーニュ」が名物、また路面が恐ろしくフラットなコースです。

 2002年、近年のF1開催サーキットを手がけるヘルマン・ティルケの再設計により、ハイテク・テスト・トラック (High Tech Test Track,HTTT) と呼ばれるテスト専用サーキットへと生まれ変わりました。観客席を取り除き、様々なコースレイアウトに変更できるよう大幅な改修が行われ、完成当初からあった5.81kmのコースを主体にしたハイスピードコースから、826mの超ショートコースまで91通りのレイアウトを利用することが出来ます。ウェットコンディションを人工的に再現する散水装置も備えており、F1から市販車、レーシングカートまで、様々な車の走行テストが可能です。温暖、そしてF1チームの工場から比較的近いこともあって、バルセロナ(スペイン)、エストリル(ポルトガル)と共にオフシーズンのテストでよく使われています。2010年には翌年からF1のタイヤサプライヤーとなるピレリのテストも行われました。とはいえ最近ではレース開催も復活しており、FIA GT選手権やユーロF3、ル・マン・シリーズなどのレースが多数開催され、名称もサーキット・ポール・リカールに戻っています。

 F1が行われた当時は全長5810mのコースでしたが、1986年、テスト中にロータスのエリオ・デ・アンジェリスが事故死したため、第1コーナーから直接バックストレートの途中へ繋がるように短縮され、3813mのショートコースとして利用されました。コースはこんなものです。
(1)第1コーナー
今回はスタートからちょっと距離があるのですが、ショートカット時代の1989年、F1でマウリシオ・グージェルミンが裏返しになり、赤旗、スタートやり直しの大クラッシュを演じました。
(2)ミストラル・ストレート
全長1.7km、F1の場合、1kmあれば、軽~く時速300kmを超えますが、ここでいかにスピードが乗るかがカギになってきます。来年からのレースでは、この途中にシケインが設けられます。(同様の例はル・マンのサルテ・サーキットのユーノディエールという4km近いストレートを危険防止の観点からシケインを2つ設置した例があります。)
(3)シーニュ
(2)を抜けると出てくる超高速の右コーナー、鈴鹿サーキットの130Rをひっくり返したような感じと言われます。1990年、アラン・プロストはトップ周回中のイヴァン・カペッリをひたひたと追い詰め、ラスト2周のこのコーナーでかわして、フェラーリの通算100勝目を達成しました。

 ということで今日のお話はここまで。あれこれと色々山積みですが、ちょっとでも動くきっかけを…。という次第です。
(ほれ、あんまし悩んだらいかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム