クリスマス

 さて昨日はさっさとお仕事終わらせて、1人忘年会をしていた私。今日は土曜日、グルメのお話。2枠目の今週は「ミーシャの変態クッキング」、今日はクリスマスに出てくるこんなお話です。
(これ、1人忘年会ってまぁ、アンタも寂しげなお話やね~、せやけど、あんまし飲んでばっかりではいかんよ、ミーシャ。)

recipe_379_1.jpg

 今月はこちら。「ローストチキン」です。オーブンやグリルで焼いたもの、串に刺して焙り焼きにしたもの、専用の焼き機(ロースター)で焼いたものなど調理法としてはさまざまです。またダッチワイフじゃなかったダッチオーブン(野外料理用の厚手の鉄鍋)を使って蒸し焼きにする方法もあります。丸焼きであるため旨味が逃げにくく、皮の焼けた香味も加わります。ただ、家庭でやるにはちょっと中にものを詰めるだ何だと手間がかかったりします。でもちょっと挑戦してみましょう。レシピはこんなものです。(4~5人分)

丸鶏  1羽(約1.2㎏)
(漬け汁)
塩  小さじ1  胡椒  少々  ナツメグ  少々 白ワイン  大さじ1  醤油 大さじ2
(スタッフィング(詰め物))
胡桃  70g  玉ねぎ  1/4個  舞茸  120g  干しブドウ  70g 
オリーブオイル  大さじ1 固形ブイヨン 1個 白ご飯 お茶碗2膳分
(添えるもの)
ジャガイモ 4~5個  ベビーリーフやロケットサラダなど 1袋
レモン 適量

(1)鶏肉は流水でよく洗います。お腹の中も忘れずに。洗った後はキッチンペーパーでよく拭き水気を切ります。足の付け根の関節を外しておきます。
(2) 大きなボウルに漬け汁の材料を入れて混ぜ、鶏肉を胸を下にして、30分以上漬け込みます。胸と皮の間やお腹の中にも漬け汁を馴染ませましょう。
(3)鶏の中に詰めるチャーハンを作ります。胡桃、玉ねぎ、舞茸は粗みじんに切り、干しブドウはお湯にくぐらせ水気を切ります。
(4)フライパンで胡桃を軽く炒ってから玉ねぎ、舞茸、干しブドウ、固形ブイヨンと漬け汁を大さじ1~2加え、白ご飯を加えて炒めます。
(5)(4)を鶏肉の中に詰め込みます。スプーンの背を使って押しながら入れると意外と沢山入るんです。
(6)お尻の部分を楊枝で1、2か所縫い合わせ、足をタコ糸で縛ります。(間違っても「荒縄」とか亀甲縛りとかやってはいけません。)手羽が離れないように楊枝で留め、オリーブオイルを表面に塗ります。
(7) 耐熱容器に背中を下に入れ、ジャガイモと一緒に200度のオーブンで約60分焼きます。焦げそうになったらアルミフォイルを被せてください。焼いている途中に、鶏の表面や比較的火が通りやすい胸肉が乾燥しないように、何度か天板にたまった肉汁と脂をかけてあげましょう。
(8)竹串を刺して、透明な肉汁が出てきたら焼き上がり。タコ糸と楊枝を外して、お皿に盛り付けます。ベビーリーフやレモンを添えると彩よく美味しく見えます。

 また食卓に出すときに、足先の肉の薄い部分にマンシェット(ペーパーフリルやアルミホイル)を巻くことがあります。これは「骨付き肉を持った際に手を汚さないために巻く」といわれていますが、元々は「骨の断面が見えてしまうと見た目が良くない」として、断面を隠すために巻かれたのが始まりとされます。

 ということで今日のお話はここまで。今日はこれからお仕事です。さっさと終わらせて、その後はテニスの関係者とお食事です。ちょっとタイトなスケジュールですが、その辺は段取りよく済ませましょという次第です。
(ほれ、あんましドタバタせんようにね、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム