ウソもホント

 さて昨日はプールに行って、「疲労取り」のはずが、床までスロットルを踏んでしまった「疲労の上塗り」の私。お外は雨も上がり、今日も真面目にこのお話を書いています。今日は火曜日、映画のお話。3枠目の今週は「ドラえもん」、今日はこんなお話です。
(これ、な~んか寂しそうな気がするんやけど、なんかあったん、ミーシャ?)

uso-800.png

 ドラえもんの作品の中で、一度「終わり」になる回があります。1973年(昭和48年)に日本テレビ系列で放送されていた(現在はテレビ朝日です。)ドラえもんがわずか半年で幕を閉じることになったことから、当時テレビ放送が終わると雑誌の連載も終わることが多かったこの時代、藤子・F・不二雄先生にも新しい作品をと相談が持ち込まれたそうです。その「帰ってきたドラえもん」(1974年(昭和49年)4月号)に登場する「ウソ800」というものがあります。

 中身はフラスコに入った飲み薬で、この薬を飲んだ人間の言ったことをすべて嘘とさせ、そのため言ったことと反対のことを現実に起こすことができる道具です。たとえば「今日はいい天気だ」と口にすればどしゃぶりの雨が降り、「はげしい雨がふってきた」と言えば、雨はやむ。言った内容を取り消すには「今のは全部本当」と言えばいいんです。有効時間は75分です。(言った内容は取り消さない限り永久に続きます。)フラスコはドラえもんを象った箱の中に取扱説明書と共に収められていました。この箱は、未来へ帰らなければならなくなったドラえもんが「ぼくが帰った後、どうしても我慢できないことがあったらこの箱を開けてごらん。そのとき君(のび太)に必要な物が出てくる」と言って残していってくれた「この箱自体が道具を取り寄せる道具」で、それを使用した結果ウソ800が出てくることになりました。

 この薬を飲んだのび太はいつものようにジャイアンとスネ夫に絡まれるが、スネ夫に対しては「君は犬にかまれない」と言って犬に追わせ、ジャイアンには「母親に褒められる」と言って母親に叱らせました。だがその直後、帰宅したのび太に玉子が「ドラちゃんはいたの?」と問いかけ、のび太が「ドラえもんはもう帰って来ない」と寂しさまぎれに本音の独り言をこぼしたことで、二度と会えないといって未来へ帰ったドラえもんの話は嘘になり、ドラえもんは再びのび太の元に来ることとなりました。とはいえ、結構インパクトのある道具ですが、映画の本編で出てくることはなく、番外編の帰ってきたドラえもん(1998年(平成10年))、STAND BY ドラえもんに登場します。また神奈川県川崎市にある藤子・F・不二雄ミュージアム内のカフェのメニューの一つとなっており、ドリンクとして飲むことができます。

 ということで今日のお話はここまで。少々難儀な部分も続きますが、「悪いことはそうそう続かないよ」と信じて、今日も1日、頑張りましょ。
(ほれ、みんながおるよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム