お値段

 さて昨日は野球もお休み、しかし3試合連続の「逆神ってる」的な勝ち方で広島へ乗り込んでくるアナタ方を抑えきれるかどうか、ちょっと不安な私。今日は土曜日、グルメのお話。4枠目の今週は「食べること」、今日はこの間出た「コカ・コーラとキリンの提携」から、その理由になった「利幅」のお話です。
(これ、ま~たやらしいネタで来るんやろ、ミーシャ。)

 日本は世界的に見ても「自動販売機」の多い国です。外人さんが日本に来てびっくりすることの1つが、「缶コーヒー」です。またそれが「ガシャリン!」と出てくる、そしてルーレットが回って♪ピロリロリン(ここでこの後、震度6強の揺れが来るわけではありません。)自動販売機もびっくりされます。またそれにはまった方も多数おられます。この自動販売機、各社それぞれありますが、最近では「独立系」のものも増えてきました。(いわゆる「安売り自販機」というやつですな。)しかし、それに乗らないところもあります。例えば、コカ・コーラなんてのはその筆頭です。

 ではなぜ日本コカ・コーラはここまで自販機に注力するのでしょうか?同社の場合、売り上げのうち自販機の占める割合は30%程度だが、利益率で見ると40~50%にまで高まります。(ということは、消費者にとっては自販機で買うのが一番割高ということになりますな。)定価販売(今は税込み130円/160円です。)がしやすく、安定的な収益が確保できる自販機チャネルを、最後のドル箱と位置づける企業は多いんです。飲料各社は、自販機での売り上げを守り抜こうと必死です。

 その背景には、スーパーやコンビニエンスストアなどの小売りのチャネルで苦しみ、自販機以外に活路を見いだせない各メーカーの姿があります。「安くできない?」と言われたら、それをのまざるを得ない状況では、どうしても利幅は薄くなります。スーパーの専売特許だった値引き販売(ちなみにウチとこから徒歩30秒のスーパーでは大手ブランドの缶コーヒーは75円前後です。)が、今やコンビニでも当たり前になっています。これは2007年以降に台頭したPB(プライベートブランド、コンビニと共同開発して、そこだけで売るというやつですね。)の影響によるところが大きいんです。NB(ナショナル・ブランド、いわゆる大手ブランドのことです。)より大幅に安いPB商品が、スーパーのみならずコンビニの棚をもじわじわ席巻し、デフレの象徴として売り場で君臨し続けるわけです。それに引きずられる形で、NB商品の「コンビニは定価販売」という従来の図式は完全に瓦解。「メーカーの取り分は、以前より1~2割程度減っている」(業界関係者)と、NBメーカーは値引きのしわ寄せをもろに受ける格好になっています。
 
 ということで今日のお話はここまで。また全然関係ないお話ですが、日本シリーズで先に王手をかけたチームは過去66度のうち55度優勝。(確率83%ちょっと) 2勝2敗から王手のケースでは過去26度のうち19度優勝してまして、V確率は73%になります。 また、今回のように連敗のあとに3連勝と巻き返したのは1962年東映(△を含む)、1979年広島、 2000年巨人、2003年阪神、2011年ソフトバンクに次ぎ6度目。過去5度のうち2003年阪神以外は全て日本一になっているという、カープファンのあなたにとってはあまりありがたくないデータがあります。 さて今晩はどうなりますか?大谷、黒田がスクランブル登板でケリをつけに行くのか、私もちょっと楽しみです。
(これ、あんまし夜更かしせんようにね。ミーシャ。)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

初めまして
ミニカーの記事楽しく読ませていただいています
すごい博識でらっしゃいますね!

自動販売機の件ですが
僕のアメリカ人の友達が驚いたのは
自販機が屋外にあるという事でした
「盗まれないのか!?」
と結構感動しておりました

それでは

スキッパーさん、コメントありがとうございました。
マニアックなネタばかりのため、なかなかコメントが難しいかもしれないんですが、また気軽にのぞきに来ていただければ幸いです。
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム