直し

 ♪L!Lは打ったよL、L!LはエルドのL、このひと振りに、燃える愛を乗せ~て~、Lは打球を飛~ば~して~る~、私は決めます~、決めたんで~す~、最速右腕をひと振り~で~、打球は~自然に~、スタンドインよ~、そして再び、神~ってる~♪(昔やってたアニメ、「The かぼちゃワイン」から「Lはラブリー」のメロディでどうぞ)さて昨日は残り物を食いさらしながら、運命の日本シリーズ、よもや大谷があんな形で沈められたことに、ワイン1本ひっかけながら腰を抜かした私。そしてこのメロディを考えてました。今日は日曜日、ミニカーのお話。4枠目の今週は「考察」、只今皇室アルバムを見ながら書いていますが、今日はこんなお話です。
(こら、そんな古いネタ持ち出して無理やりネタ組んでんやないんよ、ミーシャ。せやけど、ようそこまで出てくるもんやね。) 

 たま~にある例、手が滑って落としてしまいました。そしてその落ち方が悪く、傷がついたり、ちょっとややこしい例になると、折れたり、ついていたパーツが外れたりします。色がはがれたくらいなら、場所にもよりますが、タッチペンあたりでシャシャッとこすればなんとかなります。(塗装がはがれる程度のことで、大掛かりにやるのは衝撃によるものではなく、錆などの別の要因です。これは実車でもそうですね。)、パーツが外れるというのも、小さいものであれば「アロンアルフア」などの瞬間接着剤でチョロッとやれば、たいていのものは収まります。(しかし、つけすぎると白く濁りますので、クリアパーツなどは注意しましょう。)一番多い例はミラーなどが折れたりすることですが、これもパテ類、ちょっと強度的にはというのであれば「ハンダ」でくっつけることで何とかなったりします。(ちなみにこのハンダですが、普通は糸ハンダですが、大きいものになると棒ハンダなるものがあります。これで罰ゲームのネタをやったことがあります。)

 とはいえ、落としたり、ぶつけたりしないようにするのがそもそもです。そのため、トミカなど「小さいお子さん向けのもの」はミラーなどの突起物は「危険性の防止」から省略されていることがほとんどです。(コスト面から、再現する分をケチったわけではありません。その例はF1によくあります。) 

 ということで今日のお話はここまで。その日本シリーズ、以前にも書いたことがありますが、カープは今日の試合を終えた時点で2-0にしておきたい、そうしておかないと、ロードの3試合で一気にやられる危険性も十分考えられます。おそらく6試合あたりでケリをつけることを考えているような気もします。逆に日本ハムはこの2戦を終えてイーブンなら御の字。(この考えをモロに行ったのが落合政権当時の中日です。)後は地元に帰ってその3連戦でケリをつける、木曜日の第5戦あたりで状況次第で大谷をジョーカーで使う(「このパターンはもう2度とやらん」と監督は言ってますが…。)こともできるため、もう1度、広島へ戻ることがないように、5試合でケリをつけるような段取りを考えていると思います。さて今日の第2ラウンドはどうなりますか?私もちょっと楽しみです。
(これ、アンタも案外ミーハーな子やね~、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム