ドナウのイヤミ

 さて最近、上は私を追い出しにかかっている、またそれが「既定路線」化しているような気もする中、今日も真面目にお仕事している私。その辺は置いときましての今日は水曜日、プールのお話。3枠目の今週は「選手」、意外に有名どころの多いハンガリーから、今日はこんな方に登場いただきましょう。
(これ、そんな「徹子の部屋」みたいなノリはいらんのやけどね、ミーシャ。)

20111216-cseh-laszlo-laci-uszo4_convert_20161019212208.jpg

 今回はこの方、マイケル・フェルプスの陰に隠れてしまったものの、200m、400mの個人メドレーのヨーロッパ記録保持者、チェ・ラースロー(Cseh László この場合、チェは姓、ラースローが名です。)という方です。1985年12月3日、ハンガリー・ブダペスト生まれ、2003年の世界選手権(バルセロナ)で世界にデビュー、100m、200mの背泳ぎで国内新記録を出しました。 オリンピックはその翌年、アテネ五輪から4大会連続で出場しています。ただし、金メダルは1度もありませんでした。しかし、先日のリオ五輪、100mのバタフライで「珍事」が起こりました。

 本命は「腐っても鯛」のフェルプス、しかししかしチェを含む3強は団子状態、そこをするすると上がって、デッドヒートを制したジョセフ・スクーリング(シンガポール)が、50秒39の五輪新記録でシンガポールに初めて五輪での金メダルをもたらしました。そして、51秒14の同タイムで2着となったマイケル・フェルプス(米国)、チャド・レクロス(南アフリカ)、チェの3人が銀メダルの表彰台に上がりました。 (銅メダルはありません。またここで「審議」という表示が出て、「お手持ちの投票券は捨てずにお持ちください。」というアナウンスが流れているわけではありません。)競泳の場合、100分の1秒までは同着になります。とはいえ、2人というのはたまにありますが、3人というのは前代未聞でした。

 ということで今日のお話はここまで。最近はどうもお悩みが続くものでして、一度「分かり合える」あなたを探しに行こうかなとも思う次第です。
(これ、あんまし寂しそうにしてたら、来るものも逃げるよ、ミーシャ。) 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム