金のはしと竹のはし

さて今日はお仕事、それをサッサと終わらせて、今日のウケないネタを考える私。今日は土曜日、グルメのお話。4枠目の今週は「食べること」、今日はこんなお話です。
(これ、アンタはいっつもママに「持ち方がおかしい」って言われとるでしょ、ミーシャ。)

東洋では食事の際に箸を使います。とはいえ、地域によって、かなり異なっています。箸の違い、食卓の違いから各国の文化が見えてきます。 有名なものでこんな感じです。

 まず中国ですが、伝統的には木製の箸を使います。長く、太いのが特徴です。中国は大家族文化で、一つの食卓を大勢が囲みます。離れた場所から料理を取ってくるためには、長い箸が必要というわけです。(しかし、中華料理で使うくるくる回るテーブルは、日本で独自に生まれたものです。しかし、これで他人が取りたい料理を取れないようにするなどイケズかましてはいけません。) 続いて日本では中国と同じく木製の箸を使うが、魚の骨をつかみやすいように先が尖っています。また料理は最初から取り分けられているため、箸を伸ばす必要がありませんので中国と比べて短い箸を使います。また、竹製の箸は日本だけです。 そして最後に韓国。日中とは違い、金属製の箸とスプーンを使います。韓国ではスープ類の料理が多い(クッパ、参鶏湯などですな。)ため、木製の箸やスプーンでは濡れて非衛生的だという観念から金属製が普及しました。(また、貴族層では銀製の箸ですが、これは毒殺を防ぐ目的もありました。)盛り付けは日本と中国の中間。日本のように取り分けられていることはないのですが、中国ほど大人数で一つのテーブルを囲むことはありません。ゆえに箸の長さも日中の中間ぐらいです。

  という事で今日のお話はここまで。今日から10月、グルメのアナタにとっては「食欲の秋」ということで、最近食欲不振の私もちょっと一息という次第です。
(これ、アンタが食欲不振やったら、世間で食糧不足は起こらへんと思うよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム