大人のお子様

 さて昨日はお仕事終わらせ、焼き肉食べて、ちょっと飲みすぎた感もある「バッカスな福山雅治」の私。今日は金曜日、グルメのお話。本来は土曜日ですが、明日がちょっと書けなくなるでしょうということで、3枠目の今週は「ご当地」、その福山雅治の出身地、長崎から、こんなお料理のお話です。
(これ、アンタが福山雅治やったら、「ましゃロス」なんて起こらへんよ、ミーシャ。)

toruko_bordeaux.jpg

 今月はこちら、長崎の名物「トルコライス」です。長崎市内の喫茶店や洋食屋に当たり前のようにあるトルコライス。長崎で知らない人はいない定番のメニューです。チャンポンほど有名ではないのですが、長崎発祥の食べ物として その地位を築いているのが
これです。どんな食べ物か?というと トンカツ、カレーピラフ、スパゲッティーを1つの皿に盛ったもの。大人版お子様ランチ(決して器は車の形をしていません。)などと言われたりもします。

 トルコライス出生の謎を探る上で外せない店が長崎の洋食店、「ビストロ・ボルドー」。ここのマスターのお父さんが昔、神戸の将校クラブに勤めていた時に現在のトルコライスの原型を開発したのだといわれています。長崎に来て、レストラン丸善のチーフ、松原さんと友達になり、松原さんが入院中にヘルプチーフで勤務して経営者に「面白い料理は無いか」と聴かれて、教えたのが始まりで、松原さんが退院後、始めてメニューに載りました。そのころはメインはピラフで、スパゲッティーとカツは添え物。ピラフではなくトルコの「ピラウ」に似せて作ったということで「トルコ風ライス」と呼んだそうです。ただし、イスラム教の国であるトルコで「豚肉」ネタは絶対出てきません。また複数の炭水化物が同じ皿に乗ることもありません。(この点は、トルコを親善訪問した全日本司厨士協会長崎県本部の訪問団が、現地の料理人・シェフ連盟から指摘されています。)このほか、3種類のものから「トリコロール」がなまって「トルコ」になった、あるいは風俗店がらみの由来など、諸説があります。

 ということで今日のお話はここまで。今日はお休みですが、雨も上がりました。車を拭いて、あれこれとしてそうです。
(これ、あんましあれもこれもってやったらいかんよ、ミーシャ。)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム