元祖からくりドーム

 さてあれこれとする割には、結果に結びついていない「徒労感のある」私。今日は火曜日、巨大建造物のお話。1枠目の今週は「野球場」、そろそろ引導が渡るけしからん某全国紙から、こんな球場のお話です。
(これ、そのやってることはいつか実になるよ、ミーシャ。)

o0600043710883593965_convert_20160906065103.jpg

125478514729716209318_Metrodome_20091006082547_convert_20160906065045.jpg

 現在のけしからん某全国紙球団の本拠地は、日本初のドーム球場でもある「東京ドーム」ですが、この球場は他のドーム球場とは決定的な違いがあります。それが「屋根に柱がない」こと、この球場だけは空気圧で屋根を押し上げています。そこでこの球場のモデルになったアメリカ、ミネソタ州ミネアポリスにある「メトロドーム」(ヒューバート・H・ハンフリー・メトロドーム)という球場があります。1982年に開場、収容人員46500人/64000人(野球/アメフト)のこの球場はメジャーリーグ、ミネソタ・ツインズとアメフトのミネソタ・ヴァイキングスが本拠として使用していました。

 ツインズとバイキングスの本拠地だったメトロポリタン・スタジアムの老朽化と、ミネソタ州の「夏は涼しく冬は寒い」気候、及びそれに端を発する観客減への対策として建設されました。球場に名を冠するヒューバート・H・ハンフリーとは、サウスダコタ州出身の元副大統領で、ミネアポリス市長を務めた経験もある人物です。(そのため、ミネアポリス/セントポールの空港のターミナルにも名前が冠せられています。)センター124m、両翼104m/99mとライト側がやや狭い、これはアメフトで使うことからの事情です。

 ただ、厄介なのが「雪」、過去に何度か積もった雪が屋根を破壊していることがあります。その厳しい気候故か、老朽化にともない、まずツインズが2009年シーズンをもって使用を終了。2010年シーズンからは新本拠地ターゲット・フィールドに移転しました。 バイキングスも2013シーズンが最終年となり、その後2014年1月にメトロドームは解体されました。跡地にはヴァイキング巣の新しい本拠地、USバンク・スタジアムが建っています。また世間の評判は「バッター有利」の球場というイメージですが、実際はその正反対で「ピッチャー有利」(パークファクターも1を割っています、)です。また東京ドームのどのドーム球場は「打球が天井に当たった場合、それを地面に落ちる前にとったらアウト(一部例外あり、内野上空の天井ではこの例がほとんどですが、外野の場合はホームランになるという例もあります。)」ですが、ここもそのルールがあります。また1980年代中頃から1990年代中ごろまで、ホームチームの攻撃時に有利になるように空調を操作していたと、元球場職員が語ったとされる記事が、アメリカのあるタブロイド紙で報道され、大問題になったこともあります。

 ということで今日のお話はここまで。あれこれとする中ですが、なんとか持ちこたえたいなと思う次第です。
(ほれ、あんまし無理したらいかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム