湿気取り

 さてこの暑さにもうヘロヘロ、何やら急速に「年老いた感がある」若年寄の私。今日は月曜日、ちょっと順番変わりましてのテニスのお話。1枠目の今週は「名品」、今後、トレンドになるかもしれないこんなバッグのお話です。
(これ、あんまし無理したらいかんよ、ミーシャ。)

P1020204_convert_20160202211929.jpg

 ミーシャもず~っと採用しているウィルソンの「プロ・ツアー・コレクション」、現在のものは今年から登場した9代目ですが、元々このバッグには「サーモガード」と呼ばれる、内張りに耐熱素材が貼ってあるものでした。(2002年、3代目のプロ・ツアー3からです。)そして今年からはその改良型、さらに湿度のコントロールを可能とした「サーモガード2.0」と呼ばれるものがついています。

 ラケットバッグは、単にラケットやその他のギアを持ち運ぶためのバッグでもあるのと同時に、プレーヤーのパフォーマンスをサポートするためのギアでもある、というのがウイルソンのラケットバッグの考え方です。事実、ストリングは湿度に弱いんです。中でもナチュラルは特に湿度に弱く、水分を含むと30%以上断裂しやすくなり、ナイロン系のストリングでも15%近く強度が下がってしまう。また、当然、テンションに与える影響も大きいものです。 トッププロのレベルになると、わずか0.5ポンドのテンションの差でもプレーのパフォーマンスに影響が出るため、試合中にストリングの張り替えを出すというのは珍しいことではありません。(これを「オンコート・ストリンギング」と言います。担当ストリンガーは基本的に負けるまで担当になるので、この人たちにとってもキツいものです。) ラケットを守り、ストリングを守る。これは選手がコートで最大限のパフォーマンスを発揮するためには必要不可欠な要素。試合中でも張り替えを依頼できるトッププロたちですらここには譲りがたいこだわりがあり、そんな声に応えて作られたのが乾燥剤であるシリカゲルをケース内に封入したパーツを組み込んだ「サーモガード2.0」です。

P1020254_convert_20160801202556.jpg

P1020252_convert_20160801202616.jpg

P1020253_convert_20160801202632.jpg

 「じゃ、何がどうなってるのよ?」ということですが、ラケットのバッグの中にこんなカプセルが入っています。これがシリカゲル。バッグの中の湿気を吸います。新品では「オレンジ色」ですが、使い続けると「緑色」になります。「これで終わりじゃない。」というそこのアナタ、それでしたら、こんな長い文章は書きません。なんとこれを電子レンジ、あるいは鍋に開けて、豆を煎るようにあぶってください。(ここで「豆を煮るに、豆殻を燃やし、なんとかかんとか」と「兄弟」をネタにした詩を書いてはいけません。何のことかわかった方は、後でゆっくり横山光輝なんぞで語りましょうか。)そうすると、あ~ら不思議。元のきれいな「オレンジ色」に戻ります。そうすると、また使えるようになりますという優れものです。

 このバッグは市販されていますが、赤と青と黒の3色があります。ちなみに圭や私が使うのは「赤色」、限定1000個のものです。「年々、派手になっている」という声もありますが、「その裏では、こんなハイテクなんですよ。」ということで今日のところはここまでに…。
(これ、アンタがこんなごっついの持ってたら、電車がかなんのよ。でも、よう目立つから、私も探しやすいんやけどね、ミーシャ。)

 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム