リアルとデフォルメ

 さて愛するタイガース、昨日は再びマテオが待てよになりかけたものの、最後は高山が1発決めてサヨナラ勝ち。その後は女子バレー、「リオ決定だべ~!!」とは言ってませんが、とりあえずオリンピックに行くことは決まりました。そしてその裏でインディ・ジョーンズを見ていた「人生は冒険だらけ」の私。今日は日曜日、ミニカーのお話。4枠目の今週は「考察」、今月はこんなお話です。
(これ、アンタの場合は「お仕置きだべ~!!」なんやろ、ミーシャ。)

 ミニカーには大きく分けて2通りのパターンがあります。例えば…。

(1)ひたすら本物チックに見えるように
メーカーでいうと、オートアート、ポールズ・モデル・アート(ミニチャンプス)、京商など。可能な限り、実車に近づけるような線を引いてより凝った仕上がりにしようとする路線です。ただ行き過ぎるととんでもなくコストがかかってしまうため、その辺の折り合いをどうつけるかがカギになってきます。

(2)ちょっと遊び心なんてものを…。
メーカーで言うと、タカラトミー(チョロQ、トミカなど)、ホットウィール(トレジャーハントなど)がここに当たります。元々チョロQがあのような線になったのは、当時の自動車雑誌の読者投稿イラストでの車の絵が、現実的なものよりも車の特徴をディフォルメしたものが多かったことがヒントになったからです。またトミカもドアミラーなどの突起を外していますが、これは安全性の理由からです。

 私の場合、それなりにリアルな路線を選ぶため、どちらかというと持っているものは(1)の方が多いものです。(また、さらに本物らしく見せるために、ちょっと闇市に出ていくことも…。)ただそれぞれに長所、短所がありまして、どちらがいいとは一概に言えないかもしれません。

 ということで今日のお話はここまで。今日はこれからちょっと出ていく部分がありましてということで、はや今月も終盤になりましたが、今日もドタバタとしそうな雰囲気です。
(これ、あんまし無理せんようにね。ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム