テストでもレースでも

 さて愛するタイガース、昨日は久々にスチール缶を握り潰す馬鹿っぷり、そしてバレーボールもちょっと雲行きが怪しくなってきた中、このお話を書いている私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。3枠目の今週は「サーキット」、先週末がF1のスペインGPだったということで、今日はこんなコースのお話です。
(確かにあれはないわね、ミーシャ。)

Circuit_of_Catalunya_convert_20160518064642.jpg

563_convert_20160518064608.jpg

 今月はこちら。そのF1のスペインGP、モトGPのカタルーニャGP(1国1レースですが、スペインGPはヘレスで行われるために、バルセロナのあるカタルーニャ州の名前を取っています。)の会場にもなっている「カタロニア・サーキット」というコースです。スペイン、バルセロナの郊外にあります。1991年開場の全長4654m(F1)、さまざまな特性を併せ持つサーキットであることから、セッティングやタイヤの特性をつかむには適しており、比較的温暖、さらにそんなに辺鄙な場所でもない事からテストにも利用されてきました。全てにバランスがとれたクルマでないと、このコースで速さを見せることは難しく、逆にこのコースで速ければどのコースでも速いとまで言われます。追い抜きが難しく、コース上での順位変動はそれほど多くはないサーキットとして知られており、予選が非常に重要になります。

 コースはこんなものです。
(1)エルフ(トタル)    1km強のホーム・ストレートの終わりに出てくる第1コーナーは強いブレーキングを要する急な右コーナーで、そこでのドライビングは見物です。またここは下りになっています。
(2)カンプサ        コース中盤の右への高速コーナー、風の影響で車が流されやすくなります。
(3)ラ・カイシャ       バックストレートの終わりに出てくる2段ヘアピン・コーナー、4輪と2輪で若干違います。(4輪はより手前の入り口、2輪はその奥側を使用します。)

 ということで今日のお話はここまで。今日もお仕事ですが、金曜日はお休みのため、ちょっとそこまで持たせましょという次第です。
(これ、あんまし無理したらいかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム