時間の謎

 さて今度来たウチとこの班長はどうも、私と合わんことにやや頭を捻る私。まぁ今に始まったことではないんですが、あまり他人の目を気にするのもどうかということで、今日は火曜日、映画のお話。3枠目の今週は「ドラえもん」、今回からはしばらく「道具」について語ってみたいと思います。
(まぁそうボヤかんでも、ええんと違う、ミーシャ。)

22fae67a-480x345.jpg

 今回はこちら。「タイムマシン」です。作中では、2008年に発明され、実用化された時間旅行用の乗り物となっています。(ということは、今日の時点ではすでに出来上がっているということですな。)のび太の勉強机の最上段の引き出しの中が時空間への入り口になっており、そこに浮かべてある「空飛ぶじゅうたん型」のタイムマシンが作中でしばしば使われます。当初の定員は3人だったのですが、途中から5人になりました。時間移動は時空間を通って行い、移動後は現実空間の虚空にタイムホールと呼ばれる穴が空き、これが時空間と現実空間の出入口となる。タイムホールや机の引き出しからは時空間の風景が見えます。ドラえもんが初めてのび太のもとへやって来た際は、この出入口がのび太の勉強机の引き出しの中に空いてしまったため、以来、この引き出しがタイムマシンへの搭乗口となっています。

 映画の中では第1作「のび太の恐竜」で使用されますが、この時、八代亜紀じゃなかった白亜紀に行った際、タイムホールは「丸い穴」ではなく「四角い穴」が開きます。これはタイムマシンの故障(定員オーバーで暴走したために、タイムマシンの空間移動機能が完全に壊れてしまったからです。)を意味していて、日本の、正確にいえば1億年後にのび太の机が置かれることになる場所にタイムマシンを置かない限り元の時代へ戻れなくなってしまいます。とはいえ、この故障は治りますが…。

 そして、タイムマシンにおける、必要悪の部分があります。最も有名な例に、「親殺しのパラドックス」と呼ばれるものがあります。過去へ遡った時間旅行者が自分の誕生前の両親を殺害した場合どのような効果が発生するかという問題です。以下の3つに場合分けできます。

(1)どう画策しても殺すことはできない(矛盾が生じない)。
(2)両親は自分を生む前に死亡するので自分も消滅する。そうすると自分が過去へ遡ることもなくなり両親が死ぬこともなくなる。矛盾である。
(3)両親が死んで自分が生まれない世界が、自分が生まれてやってきた未来世界から分岐する(パラレルワールド)。両親が無事だった過去(そもそも時間移動すらしなかった世界)には何の影響もないので、これは矛盾とは言わない。

矛盾が生じない場合でも、過去の改変が未来に与える影響を扱った作品も多い。これには些細な過去の改変がバタフライ効果のように連鎖しながら拡大波及し、未来の方向性を大きく変更してしまうとする立場と、些細な改変は一時的なゆらぎに過ぎず、その後は収束し未来の方向性に大きな影響を与えないとする立場がある。

 ドラえもんの中ではタイムパラドックスの1つの特徴として、「時間を改変しようとした者が、出発した時間以前に発生した出来事についての記憶や記録は、時間改変後も変わらない」というものがあります。この点では『後者の立場』に近いわけです。ただし、基本的にはタイムマシン搭乗者以外の記憶は時間改変後に変わります。 もう1つの特徴としては、「過去を変えようとした行動がすでに歴史の一部として組み込まれている」というものもあります。なお、のび太が、ドラえもんが自分の将来像や結婚相手を変えてしまったらセワシが生まれてこなくなるのではないか(まさにこの「親殺しのパラドックス」を地で行く中身ですな。)と指摘したのに対して、セワシは「他でつりあいをとる」「違う交通機関を使っても同じ目的地に着けるように、経過はどうあれ自分は必ず生まれてくる」との説明をしています。(この点では(3)と同じような考えですね。ドラえもんの未来予想図の中でもしずかちゃんと結婚した場合とジャイ子と結婚した場合と2通り出ていました。)

 ということで今日のお話はここまで。今日の分のお仕事をさっさと片付けまして、今週末の旅行を楽しみにしてましょという次第です。
(ほれ、その前にすることしときや、ミーシャ。)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム