オコエがかかる杜

 さて愛するタイガース、昨日はノッポちゃんが打って、走って、投げてでけしからん某全国紙をシバキ倒したことにグフフのフ。とはいえ、最近、ちょっと寂しげな私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。1枠目の今週は「野球場」、今月はこんな球場のお話です。
(これ、あんまし気にしたらいかんよ、ミーシャ。)

img_news.jpg

rakuten_convert_20160406065448.jpg

 今月はこちら。宮城県仙台市にある「宮城球場」です。現在はプロ野球、楽天イーグルスの本拠地となっており、2014年から「楽天Koboスタジアム宮城」という名前になっています。両翼100m、センター122mというサイズです。収容人員28000人、現在は30500人の球場です。2016年から人工芝から天然芝に代えられました。(現在のプロ野球本拠地球場で天然芝の球場は甲子園球場、マツダスタジアム広島のみです。)仙台市の東部、宮城野区の宮城野原公園総合運動場内にあります。施設は宮城県が保有し、それを指定管理者として楽天球団が運営している格好になります。

 元々この球場は1950年(昭和25年)に開場しました。1973年には地元企業の出資でナイター設備も付きました。しかし、施設の老朽化が著しかったため、また、雨の多い時期に公式戦が開催されるうえ、グラウンドに水が溜まりやすいこともあって、雨天中止が多かったんです。このような状況を打開すべく、宮城県内では改修や移転新築などがたびたび議論に上がり、1999年には、約12万人分の署名と全面改修の嘆願書が県に提出されました。しかし、県の財政難や都市公園法など法律上の問題がネックとなり、具体的な改善策を打ち出すに至りませんでした。しかし2004年、球団再編問題の結果、楽天イーグルスが新規参入することが決まり、この球場を本拠とする事から、この球場は大規模な改修が入ることになります。

 球場の広さはプロ野球の球場としてはかなり広いのですが、ファウル・グラウンドがスタンドを増設し倒した関係で異常に狭く、またスタンドはプロ野球の球場の中では最も小さく、収容人員も少ないんですが、客席と選手が近いことにより観客の声援や野次が聞こえやすく、相手チームにとってはやりにくい球場です。また近くには自衛隊の駐屯地がある関係で、アドバルーンなどの高さ制限があり、仙台医療センター(国立仙台病院)があるために、鳴り物その他を大幅に規制しています。ただし、高校野球ではこの規制は外れます。

 ということで今日のお話はここまで。さて今年は再び、日本一のオコエがかかるのか、私もちょっと楽しみです。
(これ、最後のシメがどうもうまい事いってへんのと違う、ミーシャ?)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム