Oh!クラウディア

 さてお外は雨、そんな中、今週末のちょっと短い「春休み」を考える私。お部屋もそろそろリニューアルを考えんとという所ですが、今日は月曜日、プールのお話。3枠目の今週は「選手」、今月はテニスの『シャラポワのドーピング告白』ネタから、こんな方のお話です。
(これ、そんな野次馬なネタをやらんでもええんよ、ミーシャ。)

claudia-poll.jpg

 今月はこの方。クラウディア・ポル・アレンス(Claudia Maria Poll Ahrens)という方です。1972年12月21日、ニカラグア・マナグア生まれ、ドイツ人の両親とともに生まれてすぐにコスタリカに移住しました。1996年アトランタ五輪、女子200m自由形の金メダリストです。姉のシルビアもソウル五輪で銅メダル、コスタリカとしては初めてのメダリストになりました。

 1979年(6歳の時)にフランシスコ・リバスコーチのもと競泳をはじめました。早々と中米屈指の選手となり、中米で多くのタイトルを獲得した勢いで、1996年アトランタ五輪に登場、そしてまさかまさかの金メダル。本命だったドイツのフランツィスカ・ファン・アルムシックやダグマル・ハーゼを覆しての金メダルだったため、世界に衝撃を与えました。そしてその4年後のシドニーでメダル2つの後、彼女はちょっとした災難に巻き込まれることになります。

 2002年、彼女は筋肉増強作用のある薬物「ナンドロロン」に陽性反応を示します。判決を不服とし控訴しましたが、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は同年6月3日に控訴を棄却し、彼女に4年間の出場停止処分を課しました。後にドーピング基準が国際水泳連盟(FINA)基準から世界アンチ・ドーピング機関(WADA)基準にかわると2年間に短縮されました。彼女は現在も無実の訴えを崩していません。その後2007年には一児の母になり、現在はアメリカのスペイン語テレビ放送「照れ隠し」じゃなかった「テレムンド」の水泳解説者として、アメリカ・フロリダ州に住んでいます。

 ということで今日のお話はここまで。今日は雨ですが、さて一日どうなりますか?という次第です。
(これ、あんまし無理せんようにね、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム