試してみましょ

 さて最近、飲んでいるコーヒーがあまり美味しくなくなったような気がする「ちょっとまずい」私。これって何かの前兆じゃない?と思いつつも、今日も真面目に書いてます。今日は木曜日、テニスのお話。3枠目の今週は「戦術」、今週はこんなお話です。
(これ、あんまし気にせんでもええと思うよ。それにアンタは「ちょっとまずい」やなくて、「思いっきりまずい」んやからね、ミーシャ。)

 テニスの序盤、ここで下手に手の内を見せてしまうと、後々がしんどくなります。そのため、あれこれと探りを入れながらという所になるんですが、例えば、こんな例があります。

 「最初の1発目をわざと叩いてみる」

 具体的な例でいうと、ダブルスでデュース・サイド(コートの右側半分)でのレシーブをするとします。この場合、基本的にはクロスコート(対角)に返すのですが、ここでわざとストレートへ打ちます。そうなると、相手の前衛はそれをボレーで返すわけですが、この場合は「捕られるのはわかっている」わけですから、その分の対処ができるはずです。ただし、このボレーは相手のバックハンド側へ打ってください。右打ちの場合は、このストレート・コースはそのまま相手のバックハンド側になります。

 これをやる理由は「相手前衛のネット・プレーの得手、不得手を見るため」です。つまり、ここできっちり返してくるのであれば、その相手の腕はそこそこの方になるため、その分を計算しないといけないわけです。またこの変形として、そのバックハンド側にロブ(頭の上を抜くフワッとした球のことです。)を上げる手もあります。この場合、ハイバック・ボレーという一番力の入らない打点で打つショットになるため、ほとんどの方は苦手の1つです。これをバックハンド・スマッシュのように返せる方はかなりの腕の方です。そのため、「どう返してくるか」を見ることで相手の腕を見ることができます。

 ただし、自分のバックハンド側に来たサーブを無理やりストレート方向に持っていっても、コースが甘くなるだけにミスするもとになります。そのあたりも考えつつ、今日はどういう日になるか?最近、ちょっとお悩み中です。
(これ、あんまし無理せんようにね、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム