紅茶の裏

 さて昨日はお休み。そんな中、車を拭いてきれいになったことにグフフのフ。そしてその晩に見た「ビートたけしのスポーツ大将」、ここで小学生の競泳を見て、「おやおや」と思った私。今日は月曜日、新聞がないためちょっとペースが狂いますが、プールのお話。3枠目の今週は「選手」、今月はこんな方のお話です。
(これ、休みの日くらいゆっくりしときや、ミーシャ。)

Britains-Liam-Tancock--008.jpg

 今月はこの方、現在の50m背泳ぎの世界記録(50mプール)保持者、リアル・鬼ごっこじゃなかったリアム・タンコック(Liam Tancock)という方です。1985年5月7日、イギリス南西部、スペクターじゃなかったエクスター生まれのこの方、水泳を始めたのはお兄ちゃんの後待ちをしていたことから始まりました。2000年、15歳の時に国内選手権にデビューし、2005年には世界選手権のイギリス代表となります。そして2008年、初めてオリンピックに出た彼はちょっと面白い選択をすることになります。

 世界選手権とオリンピックの違いは50m、世界選手権には4泳法共に50m種目があります。このため50mの世界記録というものも存在します。しかしオリンピックの場合は50mは自由形のみ。このため彼は100m背泳ぎと200m個人メドレーに出ることになります。ここでメダルには届きませんでした。しかしその翌年の世界選手権では50m背泳ぎで世界新記録の金メダル。これは未だに破られていません。そして迎えた地元のロンドン五輪、大会前にプールの天井に「距離感がわからなくなる」という注文を付けたものの、結局はメダルには届かずという所です。(プールの上にはラスト5mの水面上にはロープがあって、そのロープにはペナントがつるしてあります。これは背泳ぎの選手に距離と位置関係を知らせるためです。)また彼は現役を続行することを表明しており、各種のアンバサダーにもなっています。

 ということで今日のお話はここまで。今週も始まりましたが、その中でどう乗り切りますか?今週末の案件含めて、ちょっと頭を捻る次第です。
(これ、無理のないようにしときや、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム