つり下がった籠

 さて最近このお話を書くネタに四苦八苦の私。「ないんなら、やめりゃいいのに…。」という声もありますが、それでも今日も真面目に書いています。今日は月曜日、映画のお話。1枠目の今週は「ボンド」、回数は少ないのですが、追っかけっこの場所にはうってつけの、こんな乗り物のお話です。
(これ、その言い分はその通りやと思うんやけどね、ミーシャ。)

 スパイ映画の定番の1つにロープウェイなどの上に登って追っかけっこというのはよく出てきます。(でも、本人がやっているわけではありません。)ボンド映画に出てくる回数は少ないのですが、こんな所で…。

travel-switzerland-schilthorn-73.jpg

(1)元祖回転レストラン
第6作「女王陛下の007」(1969年)に登場します。スイスの中南部、ベルン州ベルナーオーバーランド地方にある「シルトホルン」という山の山頂にあるミッツ・マングローブじゃなかった「ピッツ・グロリア」というレストランまでを結ぶロープウェイです。ボンドはブロフェルドの行方を探り出し、ついに彼がアルプスに構えたアレルギーの研究所で謎の計画を企てていることを突き止めます。変装して研究所に潜入したボンドは、ブロフェルドのおっそろしい計画を知ることになります。

200605234.jpg

(2)大男の追っかけっこ
第11作「ムーンレイカー」(1979年)に登場します。大西洋に繋がるグアナバラ湾に突き出す半島の上にあるパオン・ヘアカラーじゃなかったパォン・ジ・アスーカルという奇岩で、ブラジル・リオデジャネイロの南部に位置しており、世界遺産「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」(2012年登録)に含まれています。悪役ジョーズがボンドとボンドと行動をともにしていたホリー・グッドヘッド博士をロープウェイの中で殺そうと試み、それを阻止しようとしたボンドとロープウェイの屋根の上でどつき合いをするくだりが出てきます。

fc2blog_20160201211511642.jpg

(3)シルトホルンのオマージュ
第24作「スペクター」(2015年)に登場します。オーストリア西部のチロル州ゼルダの伝説じゃなかったゼルデンという有名なスキーリゾート地で撮影されています。アルペンスキーのFISワールドカップも行われるこのスキーリゾートでダニエル・クレイグも「ボンドは必ず1度は雪山に行く」伝統を守っていました。マドレーヌがいる医療施設でボンドから指輪の解析を頼まれたQは、山を下りるロープウェイの内で組織の構成員に追われるも何とか回避します。

 ということで今日はちょっとドタバタで書いてみましたが、来月はもうちょっとマシなネタを書きますんで、読んでやってくださいまし。
(こら、全くもうダラダラとわけのわからんボケを並べて、ハイ終わりとかやってんやないんよ、ミーシャ!!)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム