趣向を凝らしまして

 さて今日はお休み、昨日が誕生日だった故に3連休にしたわけですが、車を点検に出して、その後夕方に買い物をして、大河を見ながら2日続けてワインを開けていた「永遠に子供な」私。今日は月曜日、ミニカーのお話。3枠目の今週は「ミニカー・ブランド大図鑑」、今月はこんなお話です。
(これ、ミーシャ。アンタが永遠に子供やったら、世間はごっつい困っとってなんよ、全くもう!)

SCHUCO_LOGO.jpg

 今月はこちら。ドイツの「シュコー」(Schuco)です。1912年(明治45年/大正元年)にドイツ、ニュルンベルグでハインリッヒ・シュライヤーとハインリッヒ・ミュラーの2人によって創業されました。(ちなみにドイツ・ニュルンベルグは「模型の町」としても有名でして、毎年2月には世界最大のおもちゃショーである「ニュルンベルグ国際玩具見本市」(ドイツ語 Spielwarenmesse International Toy Fair Nürnberg)というものが行われます。ただし、日本の「模型の町」静岡県静岡市とは姉妹都市になっていません。)当初はぜんまい仕掛けのクマのぬいぐるみを主に製造していました。1918年、シュライヤーは会社を離れ、残ったミュラーはキラー・カーンじゃなかったアドルフ・カーン(決して、モンゴル出身の方ではありません。)と組んで、会社を続けます。現在の「シュコー」というブランドは1924年、「Schreyer Und Co」を短縮して「Schuco (シュコー) 」と改名した事からつきました。ミニカーを発売したのはその8年後の1936年、メルセデス・ベンツの「シルバー・アロー」でした。しかし、1939年、ナチ党政権下での「ニュルンベルグ法」(注釈)により、ユダヤ人であったアドルフ・カーンは会社を退職し、アメリカへと渡らざるを得なくなりました。

 そして、このブランドで有名な「ピッコロ」が世に出たのは1958年、ハインリッヒ・ミュラーが逝去した後、息子ウェルナーが跡を継ぎ、それまでブリキをプレス加工して作られていた自動車模型に、新しく亜鉛合金製ダイカスト成形のピッコロ (Piccolo ) シリーズが加わりました。その後の1976年、売り上げが落ちたため、イギリスの複合企業体であるDunbee-Combex-Marx社 (DCM社) に売却され、1980年にDCM社が倒産すると、フュルトのGAMA (Georg Adam Mangold、 George Mangold GmbH & Co) グループに買収されました。1993年にLIXILグループのトエックスじゃなかったGAMAグループのトリックスと合併し、「トリックス・シュコー有限責任会社」(TRIX-Schuco GmbH & Co ) となったものの、1996年にはトリックスの業績悪化により、トリックスから独立したが、1999年にジンバ・ディッキーグループに買収され「ディッキー・シュコー 合資会社」 (Dickie Schuco GmbH & Co KG ) となりました。(このジンバ・ディッキーグループとはマジョレット、ソリド、メルクリンなどを抱える、ドイツの大手玩具メーカーです。)

 1990年代には、かつてのピッコロ・シリーズを1960年代当時の製法で復刻(この言葉にとっても弱い私たちです。)発売し、2000年代以降も生産が継続しています。これらは亜鉛合金製の車体に塗装が施されているが、パッケージ (包装方法) が貧弱なため、扱い方によっては塗膜を傷めることがあり、取り扱いには注意を要します。また、同業のヘルパ同様、ダイカスト成形による亜鉛合金製の旅客機の模型で、1976年以降はシャバック (Schabak )(イスラエルに同名の保安機関がありますが、全く関係ありません。) に引き継がれたが、2006年からはシュコーブランドにて発売されています。スケールは1/250や1/600などがああります。

 ということで今日のお話はここまで。錦織圭もとりあえず1回戦を突破しました。後は上がった雨の後、車を拭いて空きましょという次第です。
(ほれ、休みの後はちゃ~んとしとかんといかんよ、ミーシャ。)

(注釈)ニュルンベルグ法  
1935年9月、ナチス=ドイツで制定された、2つのユダヤ人排斥政策の法律のことです。1つは「帝国市民法(国籍法)」で、「ドイツ国公民とはドイツ人、またはその行動によってドイツ民族と帝国に忠実に尽す意志と能力を持つことを示した人種上同し血統に属するもの」とされたため、非ドイツ人の公民権は奪われました。もう1つの法律は、「ドイツ人の血の純潔を維持する」ために発布されたので、ユダヤ人(1人でもユダヤ人の祖父母を持つ者をも合めて)と、ドイツ人との結婚を禁止した。同法に違反する結婚は、結婚によらない性関係と同じく、重労働によって罰せられました。ユダヤ人は公旗を掲げたり、あるいは彼らの団体旗を見せたりすることはいかなる場合ても認められなかくなり、公共的な場所(庭園・劇場・プールなど)への出入りを禁止され、それまで公職に就くことが許されていたユダヤ系旧軍人も追放となりました。(そのためか、ナチの「ユダヤ人政策」についてはヒトラー自身がユダヤ系であり、その証拠を隠すためではないか?という説があります。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム