鶏さんのおうち

 さて昨日はドタバタの挙句にプールに行けずにややモヤモヤの残る私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。2枠目の今週は「スタジアム」、今年は4年に1度、行われるサッカーのヨーロッパ選手権からこんなスタジアムのお話です。
(ほれ、なかなか行かれへんのはようわかるけど、ちゃんと行ける時に行っときや、ミーシャ。)

1912177_w2_convert_20160113065124.jpg

692301l_convert_20160113065143.jpg

 今年、2016年はオリンピックの年です。そしてその前にサッカーのヨーロッパ選手権も行われます。今年はフランスで行われますが、その決勝戦の会場、先頃の爆弾テロでも登場しました「スタッド・ド・フランス」(Stade de France)というスタジアムがあります。パリ市内から地下鉄で20分ほどの郊外のサン=ドニにある多目的スタジアムです。収容人員81000人、1998年FIFAワールドカップ(TM)・フランス大会の主会場として1995年に起工し、1998年1月に開場しました。近くにはシャルル・ドゴール国際空港があります。その名が示す通り、サッカーフランス代表およびラグビーフランス代表のホームスタジアムであり、現在は代表戦の大半をここで開催しています。

 ただ、ここの周辺は去年の爆弾テロ事件の際にも出ましたが、あまり治安がいい場所とは言えない部分もあります。第2次大戦後、10000以上の公営住宅がサン=ドニに建設されましたが、1970年代から1980年代の経済危機に見舞われたサン=ドニはひどく打ちのめされました。安い家賃とパリへの近さにひかれ、多くの移民がサン=ドニの集合住宅へ移り住みました。2000年代に入って、この周辺には新しい企業の本社がやって来るようになりましたが、それでもこの地域の失業率は依然として高い(約2割ほどです。)ものです。

 私は2000年のミーシャの全国ツアーでここへ行ったことがあります。この時に怪しげなアフリカ系のコミュニティ地域も通りました。また現地の人間に見えるようにスポーツ新聞を読んで、電車に乗っていたなど数々の「工作」をしていました。(決して、日本のように、真ん中に風俗面がある事はありません。)この次、2020年の大会はヨーロッパ全地域での分散開催、そしてファイナル4(準決勝と決勝)はロンドン、ウェンブリーになります。さて今回はどうなるのか、一部予選で波乱もありましたが、私も楽しみにしたいと思います。
(せやけど、アンタはあの旅行ようやったね~、全部1人で段取りしてやったもんね、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム