虎の穴

 さて最近どうも、仕事の始まりと終わりが有名無実化している気がする中、何とかそれから逃げ出さんとと思う私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。1枠目の今週は「野球場」、今回は愛するタイガースから、こんな球場のお話です。
(ほれ、あんましモメなや、ミーシャ。)

hig15081505020005-p3.jpg

DSC_6472_2015041821261947f_convert_20160106065208.jpg

 今月はこちら。現在タイガースの2軍の試合、練習で使われます「阪神鳴尾浜球場」です。収容人員500人、ただし、話題の試合では入場制限をかけることもあります。元々2軍の本拠と練習場は別にありましたが、球団は戦力強化の観点から、長期的にファーム育成施設の充実は欠かせないとし、新施設の建設を検討。1994年、現在地に球場が竣工、合宿所「虎風荘」も甲子園球場東側の西宮市甲子園七番町から当球場の隣に移転しました。合宿所を含む施設の愛称は「Tiger」と「Garden」を掛け合わせた造語でタイガーデン(Tiger Den)としました。しかし、この愛称はタイガー魔法瓶が商標登録していたために「タイガース・デン」となりました。

 球場はいまや日本では珍しくなった天然芝、ただし、申し訳程度についたスタンドには屋根がなく、結構な暑さに見舞われます。またレフト場外に室内練習場その他がある都合、タイガースは3塁側のダッグアウトを使用します。(1軍(甲子園)は1塁側です。3塁側を使うチームは日本ハム、西武などがあります。)しかし、とはいえ両翼96m、センター120mと1軍の甲子園球場とほぼ同じサイズという触れ込みですが、改修工事の際、厳密にグラウンドの測量を行った結果、甲子園球場は公式で発表されていた数値よりも狭い事が発覚しました。 それゆえ、厳密には“同じ広さ”とは言えない状況になっています。 内野の土、マウンドの形状、外野の芝も、甲子園球場と全く同じ仕様となっています。 整備も同じく阪神園芸が担当しているので状態もいいものです。

 ということで今日のお話はここまで。さてお仕事はどうなりますか?ああだこうだ言ってもどうなるものでもなし、その部分は割り切りましょということで、今日も一日、がんばりましょという次第です。
(まぁ、そないに言わんでも見る人は見とってやで、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム