あの人(水泳)

 さて昨日はあっちゃこっちゃに行ってドタバタした後、只今某ネットカフェのパソコンからこのお話を書いている私。今日は火曜日、プールのお話。今週は「番外」ということで、今週のテーマ「有名人」というところのお話です。
(これ、アンタはまた何をそんなにドタバタしてんかな、ミーシャ?)

 その前に昨日は「年忘れ競走」がありまして、私もチョロっと3600m泳いできました。毎年、この年末にやるものですが、ここ数年はこれしか許してくれない。その中身はこんなもの。

 50m ×  72本  (1’00”)

 車重を軽くするために、走行距離から逆算してぎりぎりまでしかガソリン(推奨はShell V-Powerです。)は入れません。しかし当日は水温は低い目(子供らのスイミングがない分です。)、その状況でエンジンが異常燃焼してやたらとガソリンを食うがゆえに、ガス欠に陥りやすいということですが、何度かやってますと、大体こんなものというところもわかってきます。そこであっという間に30,40本とかなっています。去年はこの時点から、「燃焼異常」「燃料圧の低下」「吸気部分のエラー」などトラブル出っ放し(出てほしいのは別なものとか言っているわけではありません。)で辛くも乗り切ったわけですが、今年はというと表示はこんなもの。

「Fuel + over」、「up 2 more」

 何の事かというと「燃料はこのペースで行っても十分、まだ余裕あるよ。」「それじゃ、2秒ほど上げてみましょ」とかいう意味です。今年から7速ミッションになったため、やたらとチェンジの多い部分でしたが、40本過ぎから異常に後半が伸びる「悪魔の末脚」、前の人をつつきそうなくらいで。油の回りきったこの馬は走って(泳いで)いました。(ここでキタサンに分けてあげたいとか思ったわけではありません。)馬主も「こりゃ来年はもうちょい、エグいネタを用意しとかんといかんね。」とか言ってましたが、今年はこれで終わりました。そしてそのあと、干すものを干して(決して私のことではありません。)、新幹線に乗って名古屋に向かい、その途中で寄り道した「6番ホーム」、そのあとはホテルでまったりしていました。

 そして本題の「有名人」、この手は男性よりも女性のほうが名前が挙がるのですが、例えばこんな方です。(本来であれば、木原美知子、田島寧子なども含まれますが、彼女たちはもともと競泳選手から転身したということで、ここでは省きます。)
(1)吉川晃司(歌手)
広島、修道高校時代、水球の全日本代表選手に選ばれたほどの腕です。
(2)東野幸治(お笑い芸人)
実家は兵庫県宝塚市ですが、1つ年長の兄とともに「宝塚のスポーツ兄弟」と呼ばれ、その評判は関西全域に轟いていたらしいんです。阪急沿線では十三駅近くに隣接しており有名な履正スイミングクラブ十三に通っていたとい割れています。(ちなみにミーシャも履正社とはそれなりの関係があります。)
(3)西代洋(お笑い芸人 ミサイルマンの肥えてる方)
水泳を得意とし、学生時代はオリンピックのメダリスト、中西悠子と一緒のスイミング(豊中のKTVスイミングです。)で練習していました。「炎の体育会TV」で見たことありますが、結構速いです。
(4)蛯原友里(モデル)
父親の厳しい指導を受け、小学校時代は地区大会の頂点に立ったほどの実力の持ち主。宮崎では知らん人はいないほどだったとか・・・。
(5)にしおかすみこ(お笑い芸人)
高校生当時、県大会の平泳ぎで金メダルを取ったほどの方です。よ~く見るとボンテージ・ルックが意外に似合っていると思うんですが・・・。
(6)石田ゆり子(女優)
小学生時分に、ジュニアオリンピック(全国レベル)に出たことがあります。

 今日は昼からミニカーの関係者と忘年会です。そのお話はまた後ほどということで今日のお話はここまでに…。
(これ、あんまし無茶せんようにね、そういう時に限ってエラいことになるんやからね、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム