拾う足、追いつく足

 さて昨日、今日と出張、そして今週はちょっと詰めて書くために「お休みのできない」私。今日は木曜日、テニスのお話。3枠目の今週は「戦術」、今月はテニスの根幹、「足」のお話です。
(これ、アンタはいっつも動いてへんって言われとるでしょ、ミーシャ。)

 テニスをするときの最も重要な技術、言い換えれば最も試合に勝つために必要な技術。 一体何かわかりますか?
 
 正解は「フットワーク」です。テニスにおいて試合に勝つために最も重要なものは、 誰より早いサーブでもなく、回転量の多いスピンショットでもなく、いつでも前向きな ポジティブシンキングでもなく、誰よりも動く「足」なのです。といっても、テニスに 必要な足とは、前後左右のダッシュ(瞬発力)、膝の曲げ伸ばし(柔軟性)、長時間の耐久性(スタミナ)と、かなりの機能を必要としています。さらにボールがどこに飛んでくるか、どこに回り込んだらいいショットが打てるか、など頭も 使わなければなりません。 正直、テニスは難しいスポーツです。しかし、難しいからこそ面白いし、運動神経では勝ち目が ない相手にでも技術で勝つことができるのです。 一番重要な技術、それは誰よりも動く足、つまりフットワークだということを、今から説明 していきたいと思います。

 テニスにおいてフットワークが重要だと言える理由は、テニスにおけるサーブ以外の全ての ショットは、まず足で動いてからその全てが始まるからです。 ストロークにしてもレシーブにしてもボレーにしても、全てのショットはまず足を動かし、 打ちやすい位置に移動してから打ちます。この作業がいい加減な人は、いつまでたっても ショットが安定しません。

 そこでやる事は2つ
(1)足は細かく動かしましょ
周りのテニスが上手な人を観察してみてください。 必ず細かくそれも無駄なく最短距離で足が動いているはずです。 これは足が動くと同時に、相手が打つ球を予想できているからです。 最終的には練習を繰り返し、これらの動きが無意識で行えるくらいになりましょう。
(2)来るボールを予想しましょう
自分が打ったショットをポケーッと見ていたらダメです。打ってしまったショットは 神風でも吹かない限りどうすることも出来ません。 急いでもとのポジションに戻り、相手がどこに打つのか思いっきり睨み付けましょう。(ここで「見える。私にもボールが見える」とか言ってはいけません。何のことかわかった方は後でゆっくりコーヒーでも)ちなみに睨むと萎縮して相手がミスってくれることも多々あります。 相手のフォームを注意深く見れば、相手がどこに打つかはある程度わかります。球筋を予想することで、無駄な動きがかなり減ります。また、 球筋によりバウンドがどう跳ねるのかも、自分がテニスしていないときも常に注意深く 観察することである程度わかるようになります。

 ということで今日のお話はここまで。私も足を動かして、結果を拾いに行きましょということで週末をちょっと楽しみにしています。
(ほれ、きっちり終わらせときや、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム