クマちゃんの好物

 さてお仕事は二転三転、そのためかなりションボリな私。今日は土曜日、グルメのお話。1枠目の今週は「食材」、一昨日ウチとこの課長が蜂に刺されて次の日(昨日ですね。)に顔面が腫れ上がったことから、蜂と言えば「クマ」、そのクマさんが咥えているこんな魚のお話です。
(これ、蜂が何でクマになるの?あっ、プーさんの大好物が「はちみつ」だ。って何でそんなひねりの入ったネタをやってんやないんよ、ミーシャ。)

02776a1b24fdf1c12b9a0962c8dd4a3c.jpg

 今月はこちら。「鮭」です。海水と淡水の両方で生きられる性質を持ち、育った川に帰ってくるということから、この時期シーズンになります。獲り方は定置漁業権に基づいて行われる定置網での漁獲が90%以上を占め中心となっています。ちなみに、日本全体の定置網漁の38%がサケ・マス類です。そして「鮭児」(けいじ)と呼ばれる幻の鮭があります。これは卵巣、精巣が未成熟であるもので、漁獲量は普通の鮭1万匹に対して1~2匹程度しかありません。その身は大変に脂が乗っており(脂肪率が通常の鮭の2 ~15%に対し、鮭児は20 ~30%です。どんなものでもそうですが、未成熟の方が旨い事は旨いのですが、間違っても人間様の未成熟を食べてはいけません。何のことかわかった方は後でゆっくりお話をカツ丼でも食べながらしましょうか。)、美味である。このため、高級食材として珍重されています。

 調理法は焼き物(チャンチャン焼きなどが有名ですな。)、鍋物(石狩鍋など)、燻製(スモークサーモンなど)、そして「生食」などがありますが、この「生食」は必ず冷凍し、解凍したものを用います。もしくは衛生管理の行き届いた無菌状態の生簀で完全養殖したものを使います。元々寄生虫があったためにそのまま捌いて食べるのはちょっと恐れられていたサケの刺身食が始まったきっかけは、1980年代後半にノルウェーの養殖業者が日本へ輸出向けに考案したものです。(そのため、ノルウェーにとって日本は「ドル箱」市場です。また「捕鯨」にも賛成ということで両国は共通点があります。)

 ということで今日のお話はここまで。そろそろ朝ごはんのお時間です。確か今日はスモークサーモンのサンドイッチだったような…。私も鮭のように「脂が乗りたいな」と思う次第です。
(こら、ミーシャ。アンタは脂乗りっ放しやろ!それにスモークサーモンのサンドイッチなんて、アンタが食べてるのは似合わへんのやわ!全くもう、しまいに壁の穴にハマって抜け出せんようになるよ!)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム