渡るお橋は無茶ばかり

 さて今日は祝日、日本は世界的に見ても祝日の数は多いのですが、それで休みの消化という部分とはつながっていないような気がする「自堕落な」私。今日は火曜日、映画のお話。1枠目の今週は「ボンド」、来月に公開されます最新作「スペクター」から、渡り合う事の「橋」のお話です。
(これ、ま~た無茶な入りできてんやないんよ、ミーシャ。)

 ボンドも数々の危ない橋を渡ってきました。例えば、こんなものが…。

702e4f369e48159ede5def3adfac8d6b_convert_20151103064558.jpg

(1)半分飛んだ橋
第14作「美しき獲物たち」(1985年)に登場します。パリのセーヌ川にかかるこの橋はフランス共和国の大統領サディ・カルノーとロシア皇帝アレクサンドル3世の間に結ばれた友好の証として、ニコライ2世により1900年のパリ万国博覧会にあわせて建設、パリ市に寄贈されました。エッフェル塔からパラシュートでダイビングしたメイデイを、ボンドはルノー11のタクシーを奪い追跡します。メイデイは、アンヴァリッド橋を過ぎたあたりでバトー・ムッシュ(セーヌ川クルーズ船)に降下。追いついたボンドは、アレクサンドル3世橋の上から、この船に飛び降りります。この際にルノーは後ろ半分が飛んでしまった状態になります。

san05.jpg

(2)黄金の門
これも第14作「美しき獲物たち」に登場します。1937年、アメリカ、サンフランシスコのサンフランシスコ湾と太平洋が接続するゴールデンゲート海峡に架かる吊り橋としてかけられました。ボンドと今回の悪役、マックス・ゾ―リンとの格闘の場所として登場します。

HpTMqWvit_7QQ-1.jpg

(3)結婚式への道
第16作「消されたライセンス」(1989年)に登場します。オープニングでボンドたちが乗る車が走っているのは、フロリダのオーバーシーズ・ハイウェイのセブンマイル・ブリッジ。後の場面でサンチェスが護送車から脱走を図るのも、この場所です。1982年に全線開通した全長6.765マイル(10.887km)の橋。(7マイルと、少々サバを読んでますな。)フロリダ半島の南端からキーウエストを結ぶ国道US-1号線、オーバーシーズ・ハイウェイにある42の橋の中で一番長い橋です。日本ではCMその他でもよく出てきます。

f0301316_10274826_convert_20151103064615.jpg

(4)500万ドル持って
第19作「ワールド・イズ・ノット・イナフ」(1999年)に登場します。スペイン(バスク)・ビルバオにあるこのサルベ橋という橋は、世界的に有名な美術館、グッゲンハイム美術館が1997年に開館した後、2007年に現在の姿になりました。映画の冒頭で、美術館と子犬を正面に見える建物で敵をやっつけて、そのビルの窓から脱出した後に、悠然と歩いて去るのがこの橋の上でした。少しの間でも、動画でグッゲンハイムを見たい方は、この映画をご覧下さい。でもほんの少しだけです。橋の上の真っ赤な橋脚も出てきますが、敵をやっつけたビルから、この橋まで結構な距離があるし、映画では通行人も多い橋なのですが、実際には、ほとんど歩いている人はいない橋で、さらにこの先は市内から離れてしまうので、ほとんど車のためだけのような橋です。そんななかを颯爽とジェームス・ボンドは歩いて去るのですが、彼はどこを目指したのやら?

 ということで今日のお話はここまで。今日はお仕事ですが、シャシャッと終わらせましょという次第です。
(ほれ、あんまし無理せんようにね、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム