シバき合いと雨

 さて月末のドタバタの中、時間をピタリで終わらせて、「狙い撃ちで合わせたでしょ?」と言われて、大騒ぎのやる事なす事、注目される飛車角じゃなかった被写体の私。今日は木曜日、テニスのお話。4枠目の今週は「名勝負百選」、今回はこんなお話です。
(これこれ、それを「自意識過剰」と言うんやけどね、ミーシャ。)

 2015年9月9日、USオープンの女子シングルス準々決勝、結果はこうでした。

 シモナ・ハレプ  6-3  ビクトリア・アザレンカ
            4-6
            6-4

 第2シード、ハレプはここまでの4試合で、直前の4回戦で1セットを落としています。一方第20シード、アザレンカも3回戦で1セット落としたのみ、2人とも比較的、似たような格好で勝ち上がってきました。しかし、ツアー屈指の『Sな』彼女たち(決して「いじめるのが大好き♡」とかいうわけではありません。「シバく」という意味です。)の対決は壮絶な打ち合いになるのは火を見るよりも明らかでした。

 あっさりと第1セットを取ったハレプはストレート勝ちするかと思われましたが、そうなってしまうと、ここで枠を取って解説する必要はない(別にアンタに解説してもらわへんかてええんと違うの、ミーシャ?)んです。やっぱり、ここは「腐っても鯛」、やせても枯れても元世界ランク1位のアザレンカが取ってイーブンになります。ハレプはリードされた後、ブレイクして追い越そうと狙っていくがアザレンカが突き放します。最初ラケットを叩きつけて感情をあらわにしていたハレプでしたが、途中からクールになる戦法に切り替えるものの、アザレンカには追いつけません。(ハレプのラケットの使用メーカー、ウィルソンは「ラケットを投げるような選手とは契約しない」と言っていたはずなんですが…。)

 そして運命のファイナルセット、最初ハレプは粘るも、アザレンカがギリギリで制し、その後さらにアザレンカが連取して、2-0にします。最初の危機に追いやられたハレプはここで奇跡的に粘り、2-2に持ち込もうとするのですが、その直前で雨が降り、試合は中断します。俗に「雨の中断」というのは何かが起こるといわれます。中断後は結果が180度変わっていたなんてのはザラにあります。(ここで「タラ」「ネバ」というネタが出てくるわけですな。)この雨は1時間中断をもたらし、疲れていたように見えたアザレンカの回復に有利だとみられていたのですが、実際にはハレプのコンディション回復に役立ったハレプはきっちりサーブをキープして、その次の相手のサーブをブレイクして4-3とします。ここで一気に有利になったハレプはさらにサーブをキープして5-3、その後2人が1ゲームずつを取り合ったものの、6-4でハレプが取ってシバき合いのケリを付けたという結果でした。

という事で今日のお話はここまで。明日は末日ですが、お仕事ピタリと決めて、終わらせましょという次第です。
(これ、アンタは「求職」活動中でもしてんかな、ミーシャ?)
(お姉ちゃん、今日の「給食」はカレーライスに揚げパンも付いてきたでしょ?)
(その「給食」ではないんよ、全くもう!そんなインテリなネタばっかりやっても仕方ないでしょ?)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム