私のヴィシソワーズ

♪同点ナリ~、一人か~け~る~願掛け~、14年前~あなたも球児よ~、私の~タ~イガ-ス、あ~な~た~のヒ~ットで~、私は帰る~のよ~、ホ~ムベ~スま~で~♪(荒井(松任谷)由実の「私のフランソワーズ」のメロディでどうぞ)さて愛するタイガース、昨日は狩野がホームラン、とどめに「ないナリ、今成2」でドラちゃんたちをシバキたおして5連勝、そしてその裏で怪しからん某全国紙は筒香に逆転の一発を浴びた中で、大真面目に見ていた高校野球、今年は見ごたえのある試合が多い中、昨日もまじめに見てました。ということで、今日は金曜日、グルメのお話。2枠目の今週は「間違いだらけの料理教室」、この元ネタ、荒井(松任谷)由実の「私のフランソワーズ」からこんなスープのお話です。
(これ、ま~た無理やり組んでる、アンタがこのネタやるときに必ず何度か歌ってるけど、パパとママが言うとったよ、「やかましい!」ってさぁ、ミーシャ。)

img55992423_convert_20150810204903.jpg

 今月はこちら。この暑い時期に出てきてほしい「ヴィシソワーズ」(英語  Vichyssoise、フランス語  Crème Vichyssoise Glacée)です。冷たいポロネギ風味のジャガイモのポタージュの事ですが、考え出されたのは20世紀のアメリカです。フランスからアメリカに移住したニューヨークのナビスコ・リッツじゃなかったリッツ・カールトンの料理人のルイ・ディアが子供時分の夏の暑い日にポタージュに冷たい牛乳を入れてもらったことから考え付いたといわれています。(そのホテルのネタをやりますと、世界的にもホテル代の高いニューヨークですが、冬場の週末などはウォルドルフ・アストリアのような超高級ホテルでも首をひねる値段になったりすることがあります。)そのため、フランスで昔からあるものではありません。

 レシピはこんなところで…。(2人分)
じゃがいも(小) 100g   牛乳  200cc   コンソメ  小さじ1/2
塩  小さじ1/4   バター(マーガリン) 2g   にんにく(チューブ) 3mm

(1)じゃがいもの皮を剥きラップをしてレンジ600wで3分チン、裏返しして3分チンした後、マッシュして裏ごしします。

(2)フライパンにじゃがいも、牛乳、調味料を入れ中火で2分ほど温めて調味料を溶かして器に移し冷めたら冷蔵庫で冷やしましょう。(調味料を溶かす時は沸騰させないように注意してください。)

(3)後はパセリを添えて、出来上がり。

 ということで今日のお話はここまで。ずいぶんと涼しくなりましたが、今日も私はテレビで「熱い」高校野球を見ていることにします。
(これ、ミーシャ。ママが言うとってやったよ、この時期は「粗大ごみが2つあるから、かなんのよ。」ってね。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム