100年の始まり

 さて今日もピーカン、そんな中、今日も真面目にお仕事していた私。今日は火曜日、ちょっと順番ずれましての巨大建造物のお話。1枠目の今週は「野球場」、もうすぐ始まる高校野球から、現存はしていませんが、こんな球場のお話です。
(やっぱり野球は青空の下やね、ミーシャ。)

scan_Toyonaka_Kyujo-3.jpg

toyonakakyujyo01a.jpg

 今月はこちら。ミーシャの通勤途上にある大阪、豊中市にあった「豊中グラウンド」です。阪急電車の豊中の駅から西へチョロッと。1915年(大正4年)、第1回の全国高校野球はここで行われました。元々は現在の阪急電車が1913年(大正2年)に建設し、全国高校サッカー、ラグビーも発祥の地はここです。しかし、諸問題が多く発生したため大会をこれ以上豊中1箇所で行うことが困難という理由で1917年(大正6年)の第3回大会以後、兵庫県鳴尾球場に移動し、豊中での開催は2回で終了となります。(甲子園が登場したのは1924年(大正13年)です。)その後阪急が宝塚市に宝塚球場という新しい多目的スタジアム建設を実施したことからそれに伴い、1922年(大正11年)に閉鎖されました。現在ある「高校野球メモリアルパーク」は1988年(昭和63年)、第70回大会を記念し、玉井町の豊中グラウンド跡地の一角につくられました。当時の門柱や赤レンガ塀を再現し、大賞4年(1915年)の第1回大会の始球式のレリーフが刻まれています。夏には、甲子園出場の高校球児たちが記念撮影に訪れる風景が見られます。

 この周辺には自動車教習所などもありますが、基本、閑静な住宅街です。そして、高校野球100周年ならびに平成30年(2018)に開催される第100回記念大会を機に、豊中市が「高校野球発祥の地」であることをより多くの人に知ってもらう場所とするため、平成29年度(2017年度)のオープンを目指して拡張整備事業を実施しています。

 ということで、今日のお話はここまで。最近、プールに行っていないためにちょっと肥える日々が続きますが、昨日の自分を超えるべくということでお後もよろしいようで…。
(これ、夏場に超えるんはええ事やけどね、もうちょい食べる方を抑えたらどないかな、ミーシャ?)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム