FC2ブログ

炙って、半生

 さて昨日はなぜかヤキの回った状態になった「ガス欠の」私。そんな中で、やや喉もマシになりつつある中で今日はグルメのお話。2枠目の今日はこの「ガス欠」から、スタミナ料理には欠かせないはずの『大蒜』(これを読めた方は大したもんです。)、5月らしい物という事で高知の名物、「鰹のたたき」のお話です。
(決して福山雅治は出てきません。 → 古いよ、ミーシャ。)
KatsuoTataki_convert_20110514052756.jpg

 起源については、漁師のまかない料理から発達した説や、鰹節を作るときに残る部分を皮付きのままクシに刺して焼いたとするカツオ節派生説、土佐藩主・山内一豊(嫁は間違っても仲間由紀恵ではありません。 → またそんな古いネタを持ちだして…。)が食中毒防止を理由として鰹の刺身を禁じたため表面のみを焼いて焼き魚と称して食べられた、さらに、魚の皮下に居る寄生虫などを殺すためとする様々な説があります。

 レシピはこちら(4人分です。)
かつお(刺身用) …  2節(500g)   万能ねぎ …  1/2束  にんにく …  2かけ  
大根 …  1/3本   青じそ …  3~4枚
   
<二杯酢>
酢 …  大さじ3  しょうゆ …  大さじ3  水 …  大さじ3  うま味調味料 …  少々

(1) 鍋に二杯酢の材料を入れ、煮立ったら火から下ろして冷ます。

(2)かつおは金串を刺し、直火にかざして全体をこんがりとあぶり、冷水にとって冷ます。冷めたら水気を拭く。(本来ならば藁で包んで火を付けるのですが、家庭ではこんな所で…。)

(3)万能ねぎは小口切りにし、にんにくは薄切りにし、大根はすりおろしてザルに上げる。

(4)かつおを1.5~2センチ幅に切り、(1)の二杯酢をかけながらたたいて味をなじませる。(3)の薬味、青じそとともにかつおを器に盛り、残った二杯酢をかける。

 という事で最近、ガス欠気味のこの馬、今晩は『大蒜』ネタで一杯引っ掛けようかと思います。そろそろご飯も出来上がりましたという所で、今朝はここまでに致しとうございます。
(こら、ミーシャ。福山に仲間ときて、最後のシメはそれ?全くもう、そんなべッタな「大河ドラマ」ネタを絡めて無理やりまとめとるんやないんよ!頭の中身がごっつい古いんやから、ホントにもう、最近手を抜いてるでしょ?) 



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム