ハムの喝

 さて今日は本来ならばお休み、でも来週、作者が出張に行く都合でこのお話を書いている今日は金曜日。グルメのお話。1枠目の今週は「食材」、私も楽しみにしている「週刊 ご意見番(喝とあっぱれ)」(わからんという方はお父さんに聞いて下さい。)からその「大沢親分」、かなりの首の突っ込み方をしていた「日本ハム ファイターズ」(現在の「北海道日本ハムファイターズ」)から「ハム」について書いてみましょう。
(これ、ミーシャ。アンタはまた古いネタ持ってきてんやないんよ、こら。)

ham1-s.jpg

 ハム 使うのは豚のもも肉ですが、色々な物があります。ロースハム、ボンレスハム(この「ボン」とは「ボーン(骨)」の事、決して「うまい!」という意味のボンではありません。また別の意味で太い脚に食い込むことを指す事も…。)さらには「生ハム」なる物があります。また純然たるハムとはいえないものの「中国ハム(金華ハム)(火腿)」なる物もあります。

 その中でも「生ハム」、ただ塩辛いだけのハムという言い分もありますが、製法によって2つに分かれます。燻製はするけど加熱はしないもの(「ラックスハム」 → 決して「皆さんもよく眠ってくださいね」と美女が言ってるCMは出てきません。)、塩漬け、乾燥はするけど、燻製しないもの(俗に言うとこの「生ハム」 代表例としてはイタリアが世界に誇る名品「プロシュット・パルマ」、スペインの名産、ハモン・クラウレじゃなかった「ハモン・セラーノ」(決して、「大好きだったよ、坊や」なんて言いません。)など)があり、メロンとともに、あるいはピザの上に乗ったりという格好でよく使われます。

 また基本的に乾燥は「天日干し」、そのためよくいわれるのは「ハムは風が作る」といわれます。ここから「風味」という言葉の語源になったのですが…。そんなこんなで、もうあの「喝だぁ!」が聴けなくなってしまうのはチト寂しいのですが、明日の朝食は「ハム喝サンドイッチ」という所でお後がよろしいようで…。
(ミーシャ、アンタってさぁ、何でまたそんな無茶なネタ振りかまして、無理やり文章をまとめようとするの?と言うても、まあまあまとまっとる中身やないのよ。)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム