所変われば、品変わる?

 さて今日はお仕事、でもちょっと酷使しすぎたか、夏風邪まがいの状況にちと悩む私。今日は日曜日、ミニカーのお話。年に4度ある「谷間の週」ということで、今週は実車にまつわる、こんなお話を書いてみましょう。
(これ、あんまし無理しなや、ミーシャ。)

 日本車は世界中に輸出されています。でもそれは様々です。現地の規定その他に合わせたり。あるいは人様の好みなどもあります。そして大きく分けて4つに分かれます。

HO_S001_F001_M001_1_L_convert_20150628184619.jpg

(1)名前は同じ、車も同じ
「世界中どこへ持っていっても、いいものは売れる」という考え方から生まれたものです。単に右ハンドルを左ハンドルに変えただけのものもあります。代表例はホンダ・アコード(5代目まで)、トヨタ・ランドクルーザー(70型)などがあります。

axio_convert_20150627212303.jpg
-1380674541_convert_20150627212244.jpg

Toyota_Camry_1996_convert_20150628185229.jpg
1280px-1992-1994_Toyota_Camry_Sedan_convert_20150628185111.jpg
2000-01_Toyota_Camry_convert_20150627212126.jpg

(2)名前は同じ、車は別物
よく言われるのが「5ナンバー・サイズ」、「3ナンバー・サイズ」と言われるものです。最近の車は衝突安全性の問題から、やたらと幅を広くする傾向がありますが(1m80cmを超えると日本では色々と難儀な面が出てきます。)、以前は税金面の問題からこういうことをしていた例もあります。代表例はトヨタ・カムリ(5ナンバー・サイズ、3ナンバー・サイズのものは一時「トヨタ・セプター」「トヨタ・カムリグラシアと呼ばれていました。現在のように同じものになったのは1999年、6代目の後半からです。)、トヨタ・カローラ(現行、日本向けカローラ・アクシオは長さ4360mm、幅1695mmですが、北米市場向けカローラは長さ4600mm、幅1775mmとアクシオより2回り以上大きいものです。)など


Toyota_Supra_convert_20150628184510.jpg

(3)名前は別物、車は同じ
いわゆる輸出仕様というのはこれですが、国外向けには名前が変わるというやつです。全く別ブランドになったり(例 日産 スカイライン(12代目以降)とインフィニティ G37/Q50シリーズなど)する例もあります。しかし大人の事情により、変えざるを得ない例もあります。(例 トヨタ セリカXXとスープラ、XXという名前が「成人映画のX指定」を連想させるということで変えたとか三菱 パジェロ(Pajero)もイギリス向けはショーグン、また、スペイン語圏では「Pajero」という名が「自慰をする人」を連想させるため「Montero」(猟師)の車名を変えています。逆にルノー・クリオは「クリオ」という名前をホンダがディーラーの名前で登録してしまっていたため、「ルーテシア」(Lutecia)という名前になりました。)

01-2013-toyota-avalon-fd_convert_20150628184451.jpg

(4)名前は別物、車も別物
日本で買えない日本車という例です。代表例はトヨタ・アバロン、北米市場向けのトヨタのトップモデル。カムリよりもまだ大きく長さ5m超、幅1m85cmという堂々としたサイズ、一時日本にもありましたが、2005年、3代目のデビュー時に日本からは消えました。

 ということで今日のお話はここまで。何やらちょっと無理やりで書いた感はありますが、皆さんも色々と探してみましょという次第です。
(ほれ、早いこと治しや、ミーシャ。)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム