飛んで、飛んで

 さて愛するタイガース、昨日はとりあえず勝ちました。しかしハリルは張り子になった事に首をひねり、更には親会社の阪神電車の株主総会でこの体たらくのお話が出る事に「何と平和な…。」と思う「下世話な」私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。3枠目の今週は「サーキット」、今月はこんなお話です。
(確かに、「1部上場企業の総会で出る質問」には見えへんわね、ミーシャ。)

Istanbul_Park_aerial_convert_20150617061146.jpg

istanbul444_convert_20150617061129.jpg

 今月はこちら。トルコ、イスタンブール郊外にある2005年に開場した「イスタンブール・パーク」というコースです。全長5338m、充実した設備と安全対策を誇る最新鋭のサーキットで、起伏が多いレイアウトはベルギーのスパ・フランコルシャンによく似ていると例えられます。一時はF1のトルコGP、GP2、ルマンシリーズ、2輪ではMotoGPなどが行われています。

コースはこんな所。
(1)始まり  
長いスタート-フィニッシュのストレートから始まるが、直角の左カーブであるターン1の前で強くブレーキをかけます。トラックは急勾配の短い下り坂となり時速310kmに達するが、ちょっと上って左-右-左のターン2が来る。ターン3から5までは、真ん中の右回りが非常にタイトで遅く、その頂点に向かって急勾配で下るので、2速、時速100kmで抜けます。次の短いストレートで加速して、5速、時速250kmに達します。するとワイドな右回りのヘアピン、ターン7が出てきます。

(2)名物のターン8 
ターン7のあとまた短いストレートがあり、このトラックで一番難しいコーナーを迎えます。頂点が3つある左回りのこのターン8、時速260kmでアプローチし、通過するまでの8秒間に平均3.5G、最大で5Gの遠心力が掛かります。ドライバーやマシンに厳しいのはもちろん、右フロントタイヤには最大1トンの荷重がかかるため、タイヤの耐久性が問われます。(F1の場合、こういう状況に対してはタイヤの左右に別コンパウンドのタイヤを履かせる芸当がありました。この場合、外側(右側)に硬め、内側(左側)に軟らかめのタイヤを履かせるわけです。現在はレギュレーション(規定)で禁止されています。)このコーナーの脱出速度がターン9・10のシケインでのオーバーテイクの鍵を握ります。出口では時速300km以上に達する極端な高速コーナーなので、ドライバーには長時間負荷がかかります。

(3)その後は…。
そして次のストレートで6速、時速320kmまであげると、ターン9と10の低速の左-右のシケインがやってきます。ここでは2速、時速100km弱まで落とし、サーキットの反対側に達します。ここは2つの長いストレートの間に緩やかな右カーブが挟まれているが、簡単に時速300kmオーバーの全開で走ることができます。ここでサーキット最高速に達し、最高のオーバーテイク・ポイントとなります。そしてこの長いストレートが終わると強くブレーキをかけ、2速、時速100km弱まで落として、トラック最後のタイトな左-右-左の複合コーナーを抜けてスタート-フィニッシュストレートに戻ってきます。

 ということで今日のお話はここまで。今月も後半になり、まだちょっと運勢は戻ってきてはいませんが、この理由は何なのか?ちょっとそれを探す次第です。
(これ、そういうてもあんまし無理せんようにね、ミーシャ。) 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム