なでしこの目的地

 さて再び埋めた歯が剥がれた「歯歯歯な」私。最近、歯に悩まされることが多くて…。という中、今日は水曜日、巨大建造物のお話。2枠目の今週は「スタジアム」、昨日の2015 FIFA女子ワールドカップ(TM)からこんなスタジアムのお話です。
(これ、大丈夫やの、ミーシャ?)

BC_Place_website_(4)-715x470_convert_20150610065041.jpg

BC_Place_2011_Whitecaps_convert_20150610065325.jpg

 今月はこちら。カナダ、バンクーバーにある「BCプレイス・スタジアム」です。収容人員54000人、しかし1983年の建造当時は空気圧で膨らませる「エア・ドーム」でした。(そのため、東京ドームがほぼ似たような外観を持っていました。)2010年開催のバンクーバー冬季五輪では開会式と閉会式の会場として使用され、バンクーバー冬季パラリンピックでは開会式会場として使用されました。今年、カナダで開催される予定のFIFA女子ワールドカップ(TM)では、決勝などが開催される予定です。

 現在の形になったのは2011年、2008年5月に、観客席及びトイレと店舗の改装、テフロン屋根を開閉式に変更するなど、1億5000万ドルの改築計画が発表されました。計画は二期に分かれており、座席、トイレ、店舗、VIPスイート(決してこの中で、酒池肉林の乱痴気騒ぎや「レギュラーにしてやる」と持ちかけてのセクハラ騒ぎを繰り広げているわけではありません。)改装は2010年のバンクーバー冬季五輪前に行い、開閉式屋根の設置は五輪後の2011年に行われ、現在の形になりました。2015 FIFA女子ワールドカップ(TM)に備えて、最新の人工芝に張り替えられました。これにより、男女を通じて、ワールドカップでは初めて人工芝のピッチが使用されることになりました。

 なお、サッカーにおける人工芝ですが、最近では『ロングパイル人工芝』の登場以来、採用例が増えてきました。これは特に冬季は積雪で天然芝の育ちが不充分とされる北欧などでは、ロングパイル人工芝を使ったスタジアムの設置事例があります。FIFAはロングパイル人工芝の審査と承認、および格付けを行っています。また天然芝のスタジアムでもその外側に補助目的で人工芝が敷いてある場合があります。(特に陸上競技場での試合に多いんです。フィールドと陸上トラックとの大きさの関係上タッチライン・ゴールラインの外側は天然芝の敷けるスペースが限られているためです。)

 という事で今日のお話はここまで。このはがれた歯の件を早いとこ、段取りせんといかんなということで、ちょっと悩みそうです。
(これ、早いこと手を打っとかんといかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム