普通です。(2)

 さて愛するタイガース、昨日は薄氷ものの体たらくに、あわや2夜連続か?と思いつつ、そろそろ首脳陣の首が怪しくなってきた中、先日、休養会見をやったオリックスの森脇監督がごっつい「男前」に見えた「やっぱりそっちか?の」私。今日は木曜日、テニスのお話。1枠目の今週は「名品」、今月はこんなお話です。
(確かにこれは、最近よう使ってる人を見るわね、ミーシャ。)

pure-drive_convert_20150604060155.jpg

 元々ストリングのメーカーであったバボラ(フランス)、そのストリングの製造でプロ選手との接点がありました。その中でバボラは彼らが自分たちが使っているラケットに対しての不平、不満を聞いていました。そこでその意見を十分に活用して1994年に登場したのが「ピュア・ドライブ」(Pure Drive)というラケットです。100平方インチ、300gという「黄金スペック」、プロ(特に若手)がこぞって使用、これまで8つの4大メジャー・タイトルを得てきました。現在のものは2014年に登場した8代目(画像)です。日本には1999年、3代目のモデルから登場しました。

 ここまで当たった理由は何と言っても「使いやすい」、プロから末端まで誰が使ってもそれなりに飛ぶ(とはいえ、ど素人が時速200kmのサーブをいきなり打てるようになったというわけではありません。)ということで『猫も杓子も』使い始めたモンスター・ラケットです。モデルチェンジの際、その当時の最新テクノロジーを搭載して、世界中を席巻してきました。歴代モデルはこんなものです。

1994  初代   元々はホントの競技用としてでした。
1997  2代目  クリスチャンではなく、このモデルで1998年、カルロス・モヤがフレンチ・オープンを制して一躍有名になります。
1999  3代目  現在まで続く「ウーファー・システム」を採用しました。
2002  4代目  デザインを変更、このモデルでロディック、クライシュテルスがそれぞれ男女の世界ランキング1位になりました。
2006  5代目  振動吸収システム「コアテックス・システム」を採用し、打球感を洗練しました。
2009  6代目  新素材「GT」(グランツーリスモ(Gran Turismo)ではなく、グラファイト・タングステン(Graphite Tungsten))を採用。
2012  7代目  「コアテックスシステム」を構造面から革新。より精悍なデザインとなりました。
2014  8代目  「FSIテクノロジー」を採用。ラケットの先の方のストリングのピッチを詰めることで、スイートスポットを先の方へ伸ばしました。

 私も使ったことはありますが、確かに「使いやすい」、さすがに世界を制したストリング・メーカー型メーカーの不満を聞いて作っただけに、こりゃすぐに飛びつくわなと思いました。ということで、週末のコートで何人見かけるか?これもちょっと楽しみながら今週のお仕事を何とかしましょという次第です。
(これ、ま~たマニアックなネタ出してきてからに。せやけど、ようそこまで語ることができるもんやね~、無理やり文章増やしてるのが丸わかりなんやけどさ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム