美人薄命

 さてちょっと運勢下降線の中、今日もこのお話を書いている私。今日は火曜日、プールのお話。4枠目の今週は「考察」、先週の最後に出てきた「水泳選手に美人は少ない」からこんなお話です。
(ほれ、あんまし気にせんときや、ミーシャ。)

 水泳の場合、スタイルへの影響は3つあります。
(1)水中は、陸上よりエネルギーを多く消費する
プールの水温は30度前後で、体温よりかなり低いせいで、エネルギーを多く使います。子供の頃、プールで遊んだ日は、とても疲れて早く寝た記憶があるのはそのせいです。(そのため、そんなに長い時間の練習をすることはありません。)魚のような変温動物では、水温が上がれば体温も上がり、水温が下がれば、体温も下がります。ところが人間は、恒温動物で、体温を常に一定に保とうとする動物です。つまり、水温30度のプールに人間が入ると、プールの水によって体温が奪われます。魚なら、水温に合わせて体温も下がるが、人間は体内のエネルギーを多く燃やして、体温を36度前後に保とうとします。(焼却炉に水をかければ火が消えてしまうので、火が消えないようにするには、燃料を多く使って炎を維持しなければならないのと同じ原理です。)また水は空気よりも、25倍も熱を伝えやすいため、同じ30度でも、陸上にいる時よりも、水中にいる時の方が圧倒的に体温を奪われやすいわけです。(正確には、水と空気の、熱伝導率と熱量の違いです。気温35度は暑くてたまらなくても、水温35度の風呂はぬるく感じるのはそのためです。)体外に熱を奪われやすい分、体内で多くのエネルギーが必要になり、水中では陸上よりもエネルギーを消費しやすくなります。

(2)水中は、水圧で体を締め付けられる
平地では、1気圧の力で、体を空気が押しています。1気圧とは、縦横10cmの正方形に100kgの重さが、かかった状態の事で、たった、10cm四方に、太った大人1人が乗っかっているのだから、かなりの力といえます。生まれた時からこの圧力で生きているので、普段は意識していないが、体には常に、意外に大きな力がかかっています。そして水中では、空気が水面を押す1気圧の力に加えて、水の重さ(水圧)がかかります。その水圧は、水深10mの所で、1気圧と同じになり、つまり、水深10mでは、陸上の2倍の力がかかる事になります。水中は浮力のせいで、体にかかる重力が小さくなる分、関節への負担は小さくなっても、体は逆に、水圧で押し潰されて小さくなっているわけです。しかも、陸上では重力のせいで、左右からの空気の圧力よりも、上から下へは大きな力がかかりますが(つまり、立っていれば背が縮む)、水中では、浮力のおかげで、重力が相対的に小さくなっているので、体がどの方向に向いていても、均等に圧力がかかります。(つまり、背が縮まない)どの程度かは知りませんが、実際にプールから上がった直後は、水に入る前よりもウェストが細くなっているようです。(決して「結果にコミットする」とかいう某フィットネスジムに通ったわけではありません。)

(3)水泳が、肩幅を広くしてしまう心配はない
特に女性がお悩みの例です。水泳選手は実際に逆三角形じゃないかと言われると、確かに逆三角形です。しかし、それは、体が第二次成長期にある中、高、大学生の時に、水泳をしていたからです。そのため、体の成長が止まった大人になって水泳を始めても、『大人になったら、背が縮む事はあっても、背は伸びない』のが一般的である事から分かるように、残念ながら、人間の骨格は、もう、成長しません。ただし、大人の身長が伸びなくても、トレーニングによって筋肉は太くなります。競泳選手とボディビルダーの体を、よく見比べてみると分かります。同じ逆三角形の体でも、何か微妙に違うはずです。『競泳選手の広い肩幅は、骨自体が横に広く成長している(腕自体が、より外側に付いている)ために、逆三角形にみえる』 『しかし、大人になって始めたトレーニングで作った逆三角形は、腕の筋肉を太くする事で逆三角形に見えるだけ(腕の付け根は、普通に首のそばに付いている)で、鎖骨は横に広がっていない』 という見え方をするはずです。

 いずれにしても、大人になってから始める水泳は、逆三体型を作るためにやるのではなく、『水中運動は、関節への負担が少なく、体にやさしい運動である』『室内プールは紫外線もなく、肌へ良い効果がありそうだ』といった面を動機とする方が、誤解が少なく、より正しいと思います。(間違っても「目の保養になる」とかいう理由を付けてはいけません。)

 ということで今日のお話はここまで。今月はちょっと最後にガタが来たような気もしますが、締めるとこ締めましょということで何とか乗り切りたいなと思う次第です。
(これ、ミーシャ。な~んかまたやらし~ネタに見えるんは気のせいかな?)


 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム