ハラめし前

 さて昨日はウチとこの会社でシステム障害で大騒ぎ、連休中にお仕事になる分を段取りしておきましょと思いつつの予定が狂った中、タイガースはチトお休み。しかししかし海の向こう、アメリカではプレーオフ・シーズンの真っただ中、愛するブルズ(NBA(バスケットボールです。))もカナディエンズ(NHL(アイスホッケーです。))も第2ラウンド突入とそろそろ佳境に入ってきた今日は土曜日、グルメのお話。4枠目の今週は「食べる事」、そのスポーツの試合から、今日はこんなお話です。
(これ、アンタの仕事が狂ったのとバスケットとアイスホッケーとは全然関係あらへんのと違う、ミーシャ?)

 よく試合を見ていると、たま~にこんなことがあります。
「あれ、この人さっきまでベンチにいたけど、今はいないよ。」
そしてしばらくすると…。
「おや、この人どこに行ってたんでしょ?」

 この場合、その人はほとんどはお食事に行って来たパターンがほとんどです。ほとんどの場合、ベンチの裏などには選手が食べる分が用意してあります。うどん、おにぎり、サンドイッチ、フルーツ…。一見、ごく普通のバイキング料理。これがまた結構よさげ、好きなだけ、好きな物を食べてもよさそうな気もしますが、本番で高度なパフォーマンスが要求されるプロならではの“決めごと”がありました。

 「基本的に食べちゃいけないものは、出さないようにしてもらっています。特に油モノは厳禁。どうしても胸やけしたり、胃もたれする可能性がありますから」(ここでパ×シロン、O胃散などを使ってはいけません。)球場によってメニューに多少の違いはあるものの、簡単に食べられる炭水化物が中心で(1)消化にいい物(2)すぐにエネルギーに変わる物、という点は共通しています。相手チームより先に練習を終えるホーム・ゲームでは、午後6時プレーボールのナイターの場合、4時から5時すぎが軽食タイム。ゆっくり時間が取れるが、ビジターでは練習後すぐ試合開始に備えるため、より簡単な物しか口にしません。

 選手によって、食事の仕方はそれぞれです。その日のスタメンは、すぐに運動を始めることと緊張感もあって、ほとんど食べないというのが実情のようです。その一方で一方で、試合途中から出場する選手らは出番まで間があるため案外、無頓着です。しかし、そこはそれ、ちゃ~んとトレーナーが目を光らせています。過去には関係者用のカレーを食べようとした選手が怒られたことも…。とはいえ、最後まで持たせるためにあえて肉類を食べている方もいます。(この例が、マイケル・ジョーダンです。この人は試合前にステーキとポテトを必ず食べてました。)

 ということで今日のお話はここまで。今日はこれから実家に行ってきます。お部屋のこぐまもちょっとお休みです。
(これ、ミーシャ。アンタのその馬鹿でかい車で行くんやから、車には気を付けんといかんよ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム