超えたの肥え太

 さて昨日はテニスをやって、汗で貼りつく服が脱げなくなりかけた中で、ガソリン入れて、名古屋に行っていた私。ようやくカムリは1000km超えましたということで、今日は日曜日、ミニカーのお話。4枠目の今週は「考察」、その1泊2日のお話です。
(アンタは「超えた」んやなくて、「肥えた」んと違うの、ミーシャ?)
(標準語の場合、「こえた」の「こ」を一番強く読むと「超過」という意味になり、「こえた」の「え」を一番強く読むと「肥満」という意味になります。)

 朝から運命のレジェンド・マッチ、それを終わらせ、最後はちょっとバテが来た中でしたが、そのまま「おうちに帰っても1人ですし、次の日に帰ったらいいから、ちょっと足を延ばして行きましょうか。」ということで本来の方向とは反対の方向に向きまして、名神高速道路を一路東へ向かいました。「がら空きの」助手席は気になるものの、こんなハイテク満載のカムリ、ちょっとふらつきながらも…。
BSM(決して牛の頭がスポンジ状になるわけではありません。(それはBSE!)ブラインド・スポット・モニターと言われる車線変更お助けシステムです。隣の車線を走る車両をレーダーで検知。車両がドアミラーから見えない死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯させます。)
LDA(間違っても私の所属事務所ではありません。(それはLDH!)レーン・ディパーチャー・アラートと言われる車線逸脱防止装置のことです。左右の車線を踏むと音が鳴ります。)、
RCC(決して「カープ大好きのラジオ局」のことではありません。レーダークルーズ・コントロール、自動追っかけシステムのことです。燃費にもいいものです。)
その他ハイテク満載のこの車(なお、そのハイテク装備は日本、アメリカともセットでメーカーオプションです。なお、アメリカ向けではトップ・グレードのXLE、XSEのみ設定があります。)はゾンビ・ネーション(Zombie nation)のヤクルト400じゃなかったkernkraft400(注釈)がワンワン流れる中、一路私を名古屋へと向かわせたのでした。

 そして着いた後で皆さんとおしゃべり、Tシャツを頂きまして、後はどうなる、こうなるを月一で語るわけです。そして朝ぶろ浴びて、の~んびりと帰ってきました。ただ、帰りしの新名神高速道路の某所でクルーズコントロールの作動時にシステムをキャンセルした後でないとスロットルを踏めない仕掛けのはずが、トチ狂って踏んだためにちょっとビビったのはお約束ですが…。

 ということで参加された皆さんにはお疲れ様でございました。今日のお話はここまでに致しまして、ちょっと肥えた分をどうしようかと頭を悩ませる次第です。
(ほれ、ちょっとは絞りや、ミーシャ。)

(注釈)kernkraft400 ケルンクラフト・フィアフンデルトと読みますが、ドイツのテクノ・ユニット「ゾンビ・ネーション」が1999年に発表した曲のことです。お遊びでキーボードをぺろっと弾いたところ、あの一度聴いたら忘れられないメロディが飛び出したらしく、あっという間にチャート2位まで上がりました。作者曰く、「自分の理解を超えちゃってる」とのことです。西側、アメリカのスポーツイベントなどではよく使われています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム