萌ゆるんの麺

 さて今日はちょっとつまずいた中、お仕事終わってプールに行って、今日も真面目に大爆走、このお話は来週にということですが、明日はひょっとしたら書けなくなるような気がしたために、本来はお休みの金曜日に書いています。そしてグルメの3枠目は「ご当地」。最近、やたらと豪華なタイトル・ロール(2分30秒の映像で600万本以上の花が咲いて、散っています。)の大河ドラマ『花燃ゆ』から、その舞台、山口県のこんなグルメのお話です。
(確かにあれは、結構豪華なオープニングやね。最後のド派手な部分は、私も好きなんよ、ミーシャ。)

motox2556.jpg

 今月はこちら、山口の名物、「バリそば」です。山口県、特に山口市とその近郊で食べられている麺料理。ばりそばと表記される場合もあります。太めの揚げた中華麺の上に、大ぶりのキャベツ、タケノコ、シイタケ、キクラゲなどの野菜をたっぷり入れゆるめにとろみを付けた鶏がらベースのスープがかかっています。スープで麺を柔らかくして酢または酢醤油、ポン酢醤油などをかけて食べるのが一般的です。

 元々は第二次世界大戦後に台湾の麺料理を参考に作られたもので[、山口市にある「春来軒」が元祖だといわれる。2000年頃から、扱う店舗がある湯田温泉でご当地グルメとして盛り上げようという機運が生まれました。揚げた麺が「バリバリ」しているや、食べたときに「バリバリ」音がするところから名前は来ているといわれています。スープの具も多いが麺の量もとにかく多く、店によって異なるが、1人前で2人前くらいの量で出てきます。大皿に盛られた3人前や5人前というメニューも存在し、大人数で取り分けて食べます。揚げ麺を使った料理ということでかた焼きそば、あるいは長崎の名物である皿うどんに類似していますが、上にかかるものが「あん」というよりは「スープ」に近く、そのとろみも緩い(従ってかなり汁気が多いわけですね。)点が異なる。また、皿うどんには一般に細麺が使われている点でも異なる。ただし、山口市周辺では(細麺でとろみの強いあんのかかった)皿うどんそのもののことを「バリソバ」と称する店もあります。

2046349_201412240152153001419402837c.jpg

 また山口県の県民性として、結構保守的、また「政治好き」の県民性があげられます。首相の輩出数は最多の9人、この理由は長州藩は薩摩藩とともに明治維新を主導し、両藩の出身者は明治新政府の枢要な地位に就いたものの、薩摩が西南戦争で大打撃を受け多数の人材を失ったのに対し、総帥・木戸孝允亡き後の世代交代も順調で、明治時代を通じて形成された長州閥と呼ばれる政治的人脈は山口県出身の有力政治家を輩出し続ける土壌となった結果、山口県は大日本帝国憲法と日本国憲法の両方の時代を通じて最も多くの首相(9人、伊藤博文、山縣有朋、桂太郎、寺内正毅、田中義一、佐藤栄作、岸信介、管直人、安倍晋三)を輩出する都道府県となりました。こうした背景から、山口県は「大臣、大将を目指せ」という教育を施すような風土を持ち、政治色が強い土地柄となっています。(逆に薩摩(鹿児島県)は「あれこれ言わず」という考えです。そのため、警察、自衛隊関係者には鹿児島出身の方は多いんです。)

 ということで、今日のお話はここまで。明日は運命のレジェンド・マッチ、そしてその晩は名古屋にいるでしょうということで、ワイン1本引っ掛けた割にミスタッチの少なかった私もそろそろ、お休みなさいということで、そろそろ寝ることにしま~す!
(これ、ミーシャ。夜更かしば~っかりしとったらいかんよ。起きとってはごっついやかましいから、早いこと寝とってほしいいう方は仰山、おってなんやからね。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム